心と自律神経と免疫力

心と体のケア-免疫力
幸せ+のコツ

背骨の中を通り体の各パーツに信号を送っている自律神経には交感神経(体のアクセル)と副交感神経(体のブレーキ)があります。

  • 交感神経が優位に傾き過ぎると、イライラしたり、疲れが取れなくなったりします。
  • 交感神経の働きが悪くなると、やる気が出なくなったりします。

現代の生活では交感神経が優位になりすぎて、副交感神経とのバランスを崩すことで体調や心の状態を崩してしまうことが多いようです。
心と体のケア-免疫力

交感神経が優位になると、免疫機能のうち顆粒球と呼ばれるものが増加し、副交感神経が優位の時はリンパ球が増加することがわかっています。

免疫機能における(白血球の分類)
 顆粒球 好酸球、好中球、好塩基球の3つを合わせたものを顆粒球といいます。
好酸球:寄生虫や虫卵を攻撃します。アレルギーに関与。
好中球:細菌などの異物を退治します。
好塩基球:ヒスタミンなどを放出します。多すぎるとアレルギーを引き起こします。
 リンパ球 体内に侵入したウィルスに対して抗体を作って攻撃します。
老化した細胞を除去します。
ガン細胞を直接攻撃します。
 単球 体内に入った細菌などの異物を処理する機能を持っています。
異物情報をリンパ球へ伝えます。

免疫力は顆粒球、リンパ球、単球のバランスがとれている(60:35:5)時に最大となりますが、自律神経のバランスは顆粒球、リンパ球、単球のバランスに反映されるのです。

バランスが崩れてしまった自律神経の状態を改善するためには、入浴や運動、リラクセーションなどが大切ですが、食事のバランスを考えて、免疫機能を補助してあげることで、3種類の白血球のバランスを整えることにつながり、自律神経のバランスもととのいやすくなっていきます。

つまり、免疫力を補助する食事を摂ることで、白血球のバランスがととのい、自律神経のバランスがととのい、安定した心の状態を保ちやすくなるということです。(もちろん、肉体的な病気にもなりにくくなります)


奥村英樹

2,561 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報