シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

自律神経からみた不眠の分類

シェアする


疲労回復と睡眠

疲労を回復するためには十分に質の高い睡眠をとることが大切です。
睡眠中は活発に身体の修復が行われるからです。
チェックしかし、「夜眠れない」という人は意外に多いようです。ここでは、自律神経からみた不眠について考えてみたいと思います。

疲れに交感神経過剰型と副交感神経過剰型があることはこれまでにもお伝えしました。
実を言うと不眠にも交感神経過剰型と副交感神経過剰型の2つのタイプがあります。

交感神経過剰型の不眠

毎日の生活で交感神経が過活性になっている時間が長すぎるために自律神経のスイッチングがうまくいかなくなってしまった人です。
本来なら夕方をすぎると副交感神経が優位になって次第に身体が睡眠モードに入っていくのですが、夜遅くまで働いたり、活発に活動する生活が続いたことによって夜になっても交感神経が優位になっているタイプです。

強いストレスを抱えているような人もこのタイプにはいるでしょう。
交感神経過剰が続いたことで風邪をひきやすくなるなど様々な不調がではじめるのですが、このサインを見落として交感神経過剰型の生活をし続けることで、副交感神経への切り替えが上手にできなくなってしまうのです。

このタイプの人は、なるべく早く仕事を切り上げて家に帰ってゆっくりお風呂に入って、ご飯をゆっくり食べてリラックスできる時間を取るように心がけましょう。
また、夜はパソコンやスマートフォンを使うのは止めましょう。
交感神経が活発になってしまいます。

理想を言えば、電気のなかった頃の夜を過ごせると良いのですが・・。
なんにしても身体が送る不調のサインに耳を傾け、早め早めのケアを心がけてください

副交感神経過剰型の不眠

活動量が少なすぎるため夜が眠くならない人です。
夜眠くならないので夜更かしすることが増え、体内時計が狂ってしまうのです。

自律神経のバランスが崩れていくので体調も悪化していきます。
このタイプの人は日中の活動量を増やすことを心がけてください

エレベーター、エスカレーターはできるだけ使わず階段を使う。電車やバスでは立っていましょう。
ウォーキングやジョギング、水泳なども良いでしょう。朝起きたらカーテンを開けてしっかり太陽の光を身体に取り込む習慣をつけましょう。


[cft format=1]

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする