安定と安全を保つ脳力

幸せ+なビリアード
幸せ+のコツ

空間認知脳を鍛えよう

幸せ力講師

空間認知とは自分と対象物との距離や奥行きの感覚を把握する脳力です。
この脳力を発揮するためには自分や対象物が移動する速度や軌道、空気の流れや地面の凹凸など様々な条件を瞬間的に把握し解析することができなければなりません。

この脳力が低いと自分の状況が把握できない上、瞬間的に変化に対応できないため、転んだり、ぶつかったり、事故にあったり可能性が高まってしまいます。

また、この脳力は心の安定にも大きな関係があります
自分がどこにいるのかが全くわからなくなってしまったら、ほとんどの人はパニックになるでしょうし、変化に対応する能力が低ければいつも不安でいなければなりません。

この脳力が低いと正確に自分の居場所が特定できないため日常的にストレスを感じやすかったり、変化に対応する自信が持てないため不安を感じやすくなります

空間認知脳力を高めて、心身の安全を守りましょう。

ちなみに地図を読めない人は、この空間認知脳力が低いと思われるので、ぜひ、以下のトレーニングを行ってみましょう。

幸せ+なビリアード

この脳力を鍛えるためには色々な重さ、形のものを的を決めて投げるトレーニングが役立ちます。
カゴに向かって、紙を丸めたもの、テニスボール、紙飛行機、クリップなど様々なものを距離を変えて行ってみましょう。

また、ダーツ、ボウリング、輪投げ、ビリヤードなども空間認知脳力を高めるために役立つゲームです。


[cft format=2] [cft format=3]

奥村英樹

10,235 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報