感情感度と幸せの関係

感情感度の違いを知って幸せ+
幸せ+のコツ

幸せ力講座予約詳細バナー

環境は変わらなくても・・・

幸せ力講師

頻繁に使う感情や感覚は感度が強化され、あまり使わない感情や感覚は強度が低下していきます。
つまり、

  • 快の感覚やポジティブな感情をよく使う人は、快の感覚やポジティブな感情が強化されていきます
    つまり、些細なことでも強く喜んだり、ワクワクしたり、楽しんだりできるということです。
  • 不快の感覚やネガティブな感情をよく使う人は、不快の感覚やネガティブな感情が強化されていきます
    つまり、些細なことでも強くイライラしたり、落ち込んだり、悲しくなってしまうということです。

感情感度の違いを知って幸せ+

同じ環境にいても、

  • 快適なこと、楽しいこと、ワクワクすることに目を向けたり、探したりする習慣がある人には快適なこと、楽しいこと、ワクワクすることが増えて幸せを感じやすくなる
  • 不快なこと、イライラすること、落ち込むこと、悲しいことに目を向けたり、探したりする習慣がある人には、不快なこと、イライラすること、落ち込むこと、悲しいことが増えて不幸を感じやすくなる

ということです。

あなたは何を探しますか?

感情感度→発見力(見つける力)+反応強度(感じる強さ)


[cft format=2]
[cft format=3]

奥村英樹

5,837 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報