シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

疲れが取れやすい体を作ろう2−9

シェアする


幸せ力講座予約詳細バナー

体を中から温める方法(体を温める)

外からだけでなく体を中からも温めましょう。
体を外から温めても、温まるのは表面だけで深部体温は上昇しません。

内臓などの体の深部を温かく保つためには、体を中から温めると効果的です。

体を中から温める食事法

体を温める食事

  • 温かい食べ物を食べる
  • 陽性の食品を食べる

陽性食品

体を温める食べ物

  • 寒い地方で取れる食べ物
  • 「硬い」食べ物
  • 色の濃い食べ物
  • 土の中に育つ野菜を食べる(根菜類)
  • 塩(Na=ナトリウム)の多い食べ物

色素の濃い食べ物は体を温める性質をもつことが多く、暖色(赤・黒・黄・橙)の食べ物は体を温めてくれます。

また、体を温めもしない冷やしもしない食べ物には、主食が多く黄~薄茶色をしています。玄米・とうもろこし・麦類・そば・あわ・ひえ・もちなどです。

中性から陽性の食べ物をとりましょう。

そして「酒類はたしなむ程度」にしましょう。
ビール・ウイスキーより日本酒紹興酒、ワインなら白より赤がおススメです。

体を冷やす食品を食べるときは、火を通したり塩を加えたり、発酵させたりすることで冷えを予防できます。

食品の陽性・院生(極性)

例えば

  • 牛乳(白・水っぽい=冷やす)→熱を加える→発酵→チーズ(黄・硬い=温める)
  • ダイコン(白、水っぽい=冷やす)→塩や圧力を加える→タクアン(黄・硬い=温める)
  • 緑茶(南方産、緑=冷やす)→熱を加える→発酵→紅茶(赤=温める)など


[cft format=2]
[cft format=3]

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする