ツボを押して自律神経簡単ケア・・膻中(だんちゅう)

膻中を習う
幸せ+のコツ

自律神経のバランスが崩れて、特に交感神経優位になると、イライラが続いたり、動悸がしたり・・・人によっては腹痛やめまいなどを感じる人もいます。

睡眠の質も低下し、基礎代謝の低下を招き、太りやすくなったり、体のだるさを感じたり・・・入浴やマッサージ、生活のリズムを整えるなどを心がけて、自律神経のバランスをとりましょう。

それでも、なかなか「イライラが治まらない!!」など、自律神経のバランスの乱れによるトラブルを抱えている人は、ツボをケアしてみましょう。

日常でケアしやすい手と腕のツボを紹介します。
⇒ツボ押しの効果と押し方

不安・ストレスの簡単ケア・・膻中(だんちゅう)

膻中には心や心臓を守る働きがあると言われています。
ストレスや不安を和らげ、不安を取り除いてくれます。
習い事point

特別な理由がないのに不安を感じたり、強いストレスを感じている時にこのツボを押して心を安定させましょう。
膻中を刺激すると、不安やストレスを感じた時の胸の圧迫感が緩和し、スッキリします。

効果

不安感、胸の痛みや胸苦しさ、イライラ、息切れ、咳、喉の痛み、乳腺炎、母乳欠乏症、等々

位置

  • 肋骨は上から数えて下に第12番目まであります。
  • 第4肋骨と第5肋骨の間の高さで、胸の中心部にあります。
  • 胸の正中線(身体の中心)、左右の乳頭(乳首)を結んだ線の中央。
  • その辺りを指の腹で上下左右に少しずつずらしながら探します。
  • 痛みの一番強いところ。

 

膻中を習う

膻中(だんちゅう)の位置

押し方

  • 中指をツボにあてて、体の中心に向かって5~6回押します。
  • やや強めに押すと良いのですが、人によってはかなり強く反応が出ている場合がありますので、うまく加減しながら刺激して下さい。
膻中を習う

膻中の押し方

米粒などをを絆創膏で貼っておくのも良いでしょう!


奥村英樹

10,408 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報