シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

口癖の魔法を知って幸せ+

シェアする


言葉の持つ力

口癖がどれほど生き方に影響を与えるかご存知ですか?以前顕在意識と潜在意識の関係でも触れましたが、潜在意識へは「繰り返すこと」が大きな影響を与えます。
ポイントまた、顕在意識は論理的で言語そのものを認識できるのですが、潜在意識は感覚的でイメージの影響を強く受けます。

ですから、例えば、顕在意識で「失敗したくない」と言葉にしたり考えたりすると、感覚的な潜在意識は「失敗のイメージ」「したくない」という感覚を受け取って、チャレンジへの意欲を喪失させ、自らを失敗に導こうとするのです。

ネガティブなイメージを含んだ言葉を多用することで自分自身をネガティブな方向へ導いてしまうことになってしまうのです。

言葉の力を味方につけよう

成功哲学やメンタルトレーニングの世界では、イメージが強く影響を与えることはよく知られています。

世界的あるトッププロは決勝のティーパットで相手がパットをする瞬間に「入ってくれ」と心の中で願っているとテレビで言っていました。
潜在意識の性質をよく理解した行動だと思います。

口癖と潜在意識

口癖と潜在意識

自分の口癖をチェックしよう

この仕組みを皆さんはどんな「口癖」を持っていますか?
口癖は1日に数十回と口にする言葉です。
多い人だと同じ言葉を1日に数百回使っています。

言葉の持つイメージの力がわかれば、口癖が言葉のイメージをどれほど繰り返し潜在意識に伝えているかわかるはずです。

例えば「すいません」という言葉が口癖なら、「自分は迷惑な存在だ」という感覚が潜在意識に伝わってしまうでしょうし、「負けない」という言葉が口癖なら「自分は弱い存在だ」というメッセージが伝わってしまうでしょう。

チェック

口癖をチェックしよう

口癖は1日に何度も使う言葉ですから、例えば1日10回使ったとすると1ヶ月で300回(10×30=300)、1年で3650回(10×356=3650)も口癖のもつイメージを伝え続けることになるのです。

ですから、口癖は潜在意識に魔法をかけ、それが実現するように自分自身を導いてしまいます。
「すいません」が口癖の人はなぜか人に迷惑をかけてしまったり、「負けない」が口癖の人は肝心なところでいつも負けてしまったり・・望まない結果を引き寄せてしまいます。

「すいません → ありがとう」「負けない → 勝つぞ」といった具合に、口癖をポジティブなイメージを持った言葉に直していきましょう。

口癖を変えただけで潜在意識へのメッセージは大きく変わります。潜在意識が受け取るメッセージが変われば人生は大きく変わります。


[cft format=1]

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする