幸せを増やす講座88

おどける女性
ブログ

口癖の魔法

言葉の持つ力

口癖がどれほど生き方に影響を与えるかご存知ですか?
以前顕在意識と潜在意識の関係でも触れましたが、潜在意識へは「繰り返すこと」が大きな影響を与えます。顕在意識は論理的で言語そのものを認識できるのですが、潜在意識は感覚的でイメージの影響を強く受けます。ですから顕在意識で「失敗したくない」と言葉にしたり考えたりすると、感覚的な潜在意識は「失敗のイメージ」「したくない」という感覚を受け取って、チャレンジへの意欲を喪失させ、自らを失敗に導こうとします。ネガティブなイメージを含んだ言葉を多用すると、自分をネガティブな方向へ導いてしまうことになってしまいます。

言葉の力を味方につけよう

成功哲学やメンタルトレーニングの世界では、イメージが強く影響を与えることはよく知られています。世界的あるトッププロは決勝のティーパットで相手がパットをする瞬間に「入ってくれ」と心の中で願っているとテレビで言っていました。潜在意識の性質をよく理解した行動だと思います。

口癖と潜在意識

自分の口癖をチェックしよう

皆さんはどんな「口癖」を持っていますか?口癖は1日に数十回と口にする言葉です。多い人だと同じ言葉を1日に数百回使っています。言葉の持つイメージの力がわかれば、口癖が言葉のイメージをどれほど繰り返し潜在意識に伝えているかわかるはずです。

例えば「すいません」という言葉が口癖なら、「自分は迷惑な存在だ」という感覚が潜在意識に伝わってしまうでしょうし、「負けない」という言葉が口癖なら「自分は弱い存在だ」というメッセージが伝わってしまうでしょう。

口癖は1日に何度も使う言葉ですから、例えば1日10回使ったとすると1ヶ月で300回(10×30=300)、1年で3650回(10×356=3650)も口癖のもつイメージを伝え続けることになってしまいます。

口癖は潜在意識に魔法をかけ、それが実現するように自分自身を導きます。

「すいません」が口癖の人はなぜか人に迷惑をかけてしまったり、「負けない」が口癖の人は肝心なところでいつも負けてしまったり・・望まない結果を引き寄せてしまいます。

「すいません → ありがとう」「負けない → 勝つぞ」のように、口癖をポジティブなイメージを持った言葉に直していきましょう。口癖を変えただけで潜在意識へのメッセージは大きく変わります。潜在意識が受け取るメッセージが変われば人生は大きく変わります。

奥村英樹

28,144 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報