心を元気にする言葉を使おう

ちょっとした言い回しとコミュニケーション
幸せ+のコツ

言葉の持つ力

言葉のもつイメージや感覚は心に強い影響を与えます
アドバイスする女性
使った言葉、耳にした言葉によって心の状態は絶えず影響を受けているのです。
「心を元気にする言葉」を意識して使いましょう。

  • ネガティブなイメージを持つ言葉を避け、ポジティブなイメージをもつ言葉を使いましょう。
    できない、バカ、死ねなどネガティブなイメージを持つ言葉を使うのはやめましょう。
  • 二重否定の表現はやめましょう。
    失敗しないなど「ネガティブなイメージを持った言葉」を否定する事で、ポジティブな意味を表現するのはやめて「うまくやろう」などポジティブなイメージを持った表現を使いましょう。
  • 口癖のチェックをしましょう。
    口癖で「すいません」「悪いなぁ」などツイツイ口癖で使っているネガティブなイメージの言葉はありませんか?
    こんな場合、「ありがとう」など、ポジティブなイメージをもつ言葉に口癖を直してみましょう。
  • 接続詞をチェックしてみましょう。
    でも、だけど、しかしなどネガティブなイメージを持つ接続詞を多用していませんか?
  • 知らない間に部分否定していないかチェックしてみましょう。
    「あなたって勉強はできるのよね」など「〜はできる」「〜だけはできる」など部分否定の表現が癖になっていないかチェックしてみましょう。

会話 2

「自分のために」

言葉の持つイメージや感覚によって、自分自信の心の状態は絶えず影響を受けています。
自分が発する言葉を耳にする事で「心の状態」が影響を受けています。

人のパフォーマンスは「才能」+「基礎スキルのレベル」×「心の状態」で決まります
自分の使う言葉は「自分のパフォーマンス」つまり結果に大きく影響を与えているのです。

また、周囲の人の「あなたに対するイメージ」は「あなたの使う言葉のイメージ」によって、影響されています。
どんなイメージを持つ言葉を使っているかによって、周囲からの扱いや人間関係も変わってきます。

「周囲のために」

周囲の人の心の状態にもあなたの使う言葉は影響を与えます。ネガティブなイメージをもつ言葉を使う人といるとネガティブな気持ちになる事が増えてきます。
人は自分をネガティブな気持ちにさせる人より、ポジティブな気持ちにさせてくれる人と一緒にいたいと思うものです。

また、周囲の人もイライラしたり、落ち込んだりネガティブな気持ちにはなりたくないはずです。
周囲の人のためにポジティブなイメージをもつ言葉を使いましょう。

「心を元気にする言葉」を意識して使い、「心を元気にする言葉」をくれる人とできるだけ長い時間過ごすようにしましょう。
お互いの心を元気にしあえる仲間をドンドン増やしていきましょう。

言葉の選び方ひとつで人生はもっともっと楽しく豊かなものになっていきます。


[cft format=1]

奥村英樹

30,961 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報