シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

太りすぎと疲れの関係

シェアする


交感神経過剰型の疲れの人は、食べることで副交感神経が活性化して疲れが解消されますので、疲れを取るためにたくさん食べることは良いことなのですが、食べ方の度がすぎると肥満へと繋がってしまいます。 そうなると日常の何気ない動作も大変な作業になって、歩いたりするだけで息が切れて、階段を上ると心臓がバクバク音を立てて、動悸、息切れを起すようになってしまいます。 注目・注意(小) こうなってしまうと、

食べる→太る→体に負担がかかる→交感神経過剰になる→さらに疲れがたまる

という悪循環に陥って、食べれば食べるほど疲れやすくなってしまうのです。心臓や血管にも負担がかかって、成人病のリスクもドンドン高まってしまいますので、

  • 日常の何気ない動作が難しく感じる
  • 歩いたり、階段を上ったりすると息がきれる
  • 動くとすぐに鼓動が速くなる

いったところまで太ってしまわないうちに、食事の内容を見直し、適度な運動を行うようにしましょう。 ただし、一気に体重を落とそうとするとストレスが溜まりますし、不適切な運動をすることで体を痛めてしまったりしますので、無理はしないようにしましょう。 脂肪を落として体重を1kg減らすためには7200kcal分のカロリーを消費するか、カロリー制限しなくてはなりません。

階段を上る

日常の生活で!

1日にすると約240kcalです。お茶碗1杯分で約150kcal、体重60kgの人が30分ウォーキング(普通の速度)して95kcalで245kcalですから、毎日ご飯1杯分のご飯を減らし、30分のウォーキングを増やしてやっと月1kg体重を減らすことができるのです。

無理な運動と極端な食事制限をするのではなく、エレベーターを使わず階段を使う、少し遠いコンビニまで買い物に行くといった、日常で取り入れられる運動量の増加を考えるとともに、食べる時間を見直したり、甘いものや脂っこいものを控えるなど、食事の内容を見直すようにしてみましょう。


このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする