コミュニケーションで幸+する講座15

基準・スタンダード
コミュニケーションレッスン

基準となるノンバーバル

繰り返し接する相手のノンバーバルを理解するためには、その人の普段を良く観察する必要があります。

観察するポイントの例
  • 座り方
  • 手や足の位置
  • 姿勢
  • 顔の表情
  • 頭の傾け方
  • バッグなどの持ち物の置き場所、持ち方 など

様々な角度から観察しておきましょう。

例)
ストレスのない時の顔:目はリラックスして唇はふっくらと見える。
ストレスを感じた顔:口びるがゆがみんで眉が寄り、額にしわができる。

いつもの状態を把握・理解しておくことで、いつもと違う状態に気付けるようになります。

初めて会う人は、初めの観察結果を「出発点」として観察していきます。

基準となる行動を把握することで、その人の基準からはみ出したノンバーバルをみつけるのです。

大切なこと

眉を細めたから・・・、胸を触ったから・・・といった具合に、「~したから、~だ」と決めつけないことが大切です。

普段から相手に興味を持って観察し、その人の状態を知った上で、その基準からはみ出したノンバーバルを見つけて判断していきましょう。

奥村英樹

20,096 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報