心と栄養素の関係をもっと知って幸せ+6

お茶・緑茶
幸せ+のコツ

ストレスに対抗する緑茶成分テアニン

緑茶には沢山の体に良い成分が含まれています。
緑茶のうまみ成分の多くはアミノ酸によるものですが、緑茶に含まれるアミノ酸の半分を占めるのがテアニン(γ-エチルアミノ-L-グルタミン酸)です。昆布のうまみ成分グルタミン酸の仲間です。

お茶・緑茶

テアニンはストレスに効く!

テアニンは、乾燥した緑茶に1~2%含まれていて、水溶性なので茶葉にお湯を注いで茶にすると苦味成分やカフェインや渋み成分であるタンニンと一緒に抽出されます。

テアニンは血液―脳関門を通過することができるので、脳入って直接働くことができます。

ポイント

ポイント

神経細胞膜の電荷の逆転を防ぐので興奮を抑えます。つまりテアニンは

ストレスを和らげリラックスさせる
効果があるということです。

  • 神経細胞保護作用
  • リラックス作用(α波出現)
  • 血圧低下作用

があると言われています。

テアニンを摂取してから30~120分以内に、脳波を測定すると脳内に心身ともにリラックスした時に発生するアルファー波が発生することが確認されています。

また、ある実験ではテアニンを200ミリグラム摂取した人は、同じ環境で過ごしても、ストレスによる心拍数、唾液中のIgA値(免疫グロブリンA)、主観的なストレス尺度が低いという結果が出ています。(IgA値は病原体が感染した時やストレスのかかったときに増加します)


[cft format=1]

奥村英樹

13,288 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報