幸せを増やす講座37

プライド
ブログ

Hうぬぼれと肯定感

自分を過大評価することを「うぬぼれでみっともない」と感じる人がいます。しかし過大評価の程度が適正である場合は「やる気」や「向上心」を生み出しますから、多少の過大評価は必要です。過大評価の程度が問題だと考えて良いでしょう。

自惚れと肯定感

現状(今の自分)と過大評価した自分(願望)の間に差に大きな開きがあって、それに繋がる適正な願望(目標)を見つけられない場合は、自分を大きく見せようとして焦りやごまかし、嘘を生み出しやすくなってしまいます。

現状(今の自分)と過大評価した自分(願望)の間に差が適度だと、その差を埋めるための努力・工夫・行動を生み出しやすくなります。

自分の願望が大きなものである場合は、それに繋がる「適正な目標を持てているか?」をチェックし、持てていないなら、それを明確にする行動を取っていきましょう。願望が今の自分にとってあまりにも遠いもので、そこにたどり着くまでの適切なステップを明確にできないと、自分を大きく見せることに必死になって「うぬぼれ屋」になってしまうかもしれません。

奥村英樹

20,393 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報