ボディーランゲージを見極める要素:おへそ④

おへそを使いこなす④
幸せ+のコツ

人はこの人と一緒にいたくないと感じると、ボディーランゲージを通してそのことを伝え始めます。

習い事point

考え方のポイント

相手に一緒にいたくないというボディーランゲージがどんなものかを理解して意識的に使いこなせれば、相手の気持ちをくみ取り、心地よいコミュニケーションができるようになるばかりか、ボディーランゲージをとおして意思表示を行うことで、自分がコミュニケーションの主導権を握るということもできるようになっていきます。
おヘソのボディーランゲージを使いこなせると、相手から真実を引き出したり、協力を得たり・・様々な場面で効果を発揮します。

使用例

大切な話をしている時

  • 相手が正直に話していると感じた時は相手真っすぐおヘソを向ける。
    「それでいい」というメッセージが伝えられます。
  • 相手が嘘をついたり、何かを隠していると感じたら、おヘソを相手から反らす。
    「その話は受け入れません」というメッセージを伝えられます。
おへそを使いこなす④

おへそを使いこなす④

一度すると劇的な効果があるというわけではありませんが、繰り返すことで相手は無意識のうちに嘘をつくことが不安になって、正直で、協力的になっていきます。

[ad#as-01]

奥村英樹

7,865 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報