栄養素でストレスに強くなろう!!

リフレッシュ猫
幸せ+のコツ

栄養素でストレスに強くなろう!!

ストレスを受けた時

  • ストレスに対抗するための栄養素
  • ストレスに対抗するホルモンや脳内物質、体内物質の生産に必要な栄養素

つまりストレス対抗栄養素を十分にとることでストレスから体と心を守り、耐え抜く力が向上します。

ポイント

ポイント

ただし、そうした栄養素を十分に取ったとしても、カフェイン、アルコール、白砂糖などを大量に摂取し続けていると効果は半減してしまいます。
なぜなら、これらの食品はストレス対抗栄養素の働きを邪魔したり、ストレス自体を強化したり、引き起こしたりしてまうからです。

ストレス対抗栄養素

  • ビタミンB群
    脳が快適に働くため、ストレス対抗ホルモンを副腎でためには必須の栄養素です。
  • カルシウム、マグネシウム
    心身をリラックスさせる働きがあります。
  • カリウム
    エネルギー生産酵素の活性化、タンパク質の合成などに必要です。
  • ハーブやアミノ酸
    ストレス脳の過剰反応を抑えてくれます。

ストレスを受けるとビタミンB群、カルシウム、マグネシウム、カリウムが消費され、不足すると不安が強くなってしまいます。

リフレッシュ猫

ストレス対抗栄養素をとってリフレッシュ!

強いストレスを受けている場合、ビタミンB1、ナイアシン(B3)、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、カルシウム、マグネシウム、オメガ3系脂肪酸を十分に摂取しましょう。

普段からストレス対抗栄養素をしっかり摂取して体に行き渡っていると、ストレスに対抗する力が強くなっているので、

  • 深呼吸をする
  • 気分転換をする

など、これまでのストレス解消法はより高い効果を発揮するようになるでしょう。

ただし、気をつけなければならないのはストレス対抗栄養素を組み合わせて摂取する場合、毎日の摂取量が単一で摂取される時よりも少なめで良いということです。

基準量(栄養成分ナビゲーター)を目安に摂取し始めたら体調を見ながらテストしていきましょう。補助食品などで摂取する場合は新しい栄養素を1つづつ追加して体調を観察していきましょう。

ストレス対抗栄養素

ビタミンB

ビタミンB 胚芽米、焼き豚
ビタミンB うなぎかば焼き、卵、納豆
ビタミンB マグロの刺身、バナナ
ビタミンB12 焼き鳥レバー、牛乳
ナイアシン マグロの刺身、牛乳
パントテン酸 牛乳、卵
葉酸 小松菜、卵
ビオチン 腸内細菌なども生産していて、多くの食品に含まれています。

オメガ3脂肪酸

エイコサペンタエン酸(EPA

ドコサヘキサエン酸(DHA

さば、まぐろ(脂身)、いわし、さんまぶり]、さけにしんなどの青魚
アルファリノレイン酸 亜麻仁油、えごま油、シソ油
ミネラル カルシウム 小魚類、牛乳、乳製品、大豆製品、海藻類など
カリウム イモ類、海藻類、アボガド、バナナ、ほうれん草、大豆など
マグネシウム ナッツ、アーモンド、ひじき、納豆、玄米、豆腐、ほうれん草、カキ、スイートコーンなど。


[cft format=1]

奥村英樹

2,387 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報