シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

アドレナリン依存症への対処を知って幸せ+

シェアする


アドレナリン依存症

アドレナリン依存症というのを聞いたことがあるでしょうか?
ストレスを感じるとアドレナリンが分泌されて、やる気や元気が出て集中力が高まります。

習い事point

考え方のポイント

ただし、長期間ストレスを感じ続けているとその状態が日常化して、アドレナリンの濃度が低いことが非日常となってしまいます。

そうなると、休暇中や自宅でくつろいでいる時など、ストレスがかかっていないと、なんとなく落ち着かなかったり、とりとめのない不安に襲われるようになってしまいます。

ストレスエネルギーが・・

アドレナリン依存症

通常ならリラックスして穏やかな気分になるはずの状況になると、ソワソワしたり、不安を感じるようになったら、アドレナリン依存症の可能性があります。

アドレナリン濃度が高い状態が日常化してしまったことで、アドレナリン濃度が低くなると、アドレナリンを濃度を上げるための反応を体がおこすようになって、不安や焦りといった感情が生まれるようになってしまうのです。
自分がアドレナリン依存症にかかっていることに気づかず感情の欲求に応えてしまい、「アドレナリン濃度を上げるためにさらに頑張ってしまう」という行為を繰り返すとアドレナリンを作る副腎が疲弊してしまいます。

そうなると、心も体も疲れ果ててしまって、気力も体力もなくなってしまいます。

ちょっと休憩

ちょっと休憩

もし通常ならリラックスして穏やかな気分になるはずの状況になると、ソワソワしたり、不安を感じることが増えてきたら、アドレナリン依存症かもしれません。

アドレナリンへの依存症状が治まるまで、ソワソワしても、不安になっても、焦った感覚が出てきても・・とにかく休養し、楽しんで、リラックスするように心がけましょう。

[cft format=1]

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする