脳の疲労への誤った対処方法

コーヒー
幸せ+のコツ

こんなことしていませんか?

疲れが溜まったと感じると多くの人が元気を出したり、やる気を起こそうと興奮剤(カフェイン、ニコチン、白砂糖etc)を使います。

タバコ吸ったり、コーヒーを飲んだり、甘いものを食べて対処しようとする方は多いでしょう。

ポイント

ポイント

これらの興奮剤は効果を体感しやいので安易に用いる方も少なくないのですが多用すると問題が発生します。

興奮剤のもたらすもの

興奮剤を摂取するとドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンなどの放出が活発になります。
これらはやる気と元気を出させてくれるので気分が良くなります。

しかし、脳には変化をできるだけ小さくしようとする性質があるので、興奮剤を繰り返し摂取し続けると、脳の過剰な興奮を抑えようとして下方調節(興奮剤の受容体を減らして感受性を低下させる)という仕組みが働きます。

こうなると、これまでと同じ強度の快感を得るためには以前より多量の興奮剤が必要になってしまいます。
興奮剤を摂取することで、短期的にはやる気が出たり、幸せな気分になって気分が向上しますが、長い目で見ると興奮剤の依存症を引き起こす深刻な事態を引き起こしてしまいます。

多くの人が日常的にのんでいるコーヒーは脳を一時的に活性化しますが、多量に摂取し続けると、飲んでいないと記憶力が低下したり、血圧が上昇したりすると言われています。

次回の食に関する記事からしばらくの間、日常的に用いられている興奮剤について検討していきたいと思います。


[cft format=1]

奥村英樹

12,395 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報