第一印象を大切にして幸せ+

驚く女性
幸せ+のコツ

第一印象の重要性を意識しよう!

最初に出会ったときの「第一印象」はその後の人間関係に大きな影響を与えます。
人は相手に出会って5秒前後で相手は「こんな人だ」という判断の基準(相手に対するスキーマ)を決定します。

ポイント

ポイント

相手に対するスキーマが決定するとそのスキーマに基づいてその人の言動を解釈するようになります。

つまり、その人が「実際はどんな人か」に関係なく、相手に対するスキーマによって言動を判断するので、最初の5秒間に

  • 好印象を与えて望ましいスキーマができると、望ましいスキーマに従った解釈
  • 悪い印象を与えて望ましくないスキーマができると、望ましくないスキーマに従った解釈

をするようになり、その解釈に基づいてその人の見方を強化していきます。

心理学では、これを「初頭効果」と呼んでいます。

驚く女性

何かのきっかけで「第一印象とずいぶん違うな」と感じたことはありませんか?

第一印象というサングラスをかけて、その色を通して人を見るようになるのです。
この解釈は強化され続けていきますので、そのスキーマに反する余程の出来事がないとその人に対する見方や解釈は変わらないのです。

つまり、
第一印象が良ければ、相手のスキーマが望ましいものになって、後の言動を良い方へとらえてもらえる
ということです。

自分の第一印象を意識していますか?

これほど大きな影響を与える第一印象なのですが、自分が人にどんな第一印象を与えているかについてよく知らなかったり、誤解している人はとても多いようです。

髪型、姿勢、話し方、声のトーン、服装、表情、仕草などの言葉以外の言語(ノンバーバル)の複合評価ですが、どれが相手に影響を与えるかは、相手が視覚を重視するタイプなのか、聴覚を重視するタイプなのか、感覚を重視するタイプなのかによって大きく異なります。

ちょっと休憩

ちょっと休憩

ビデオなどに撮影して、自分の髪型、姿勢、話し方、声のトーン、服装、表情、仕草などのを確認してみると、もっと楽に人間関係を作れるようになるかもしれません。

第一印象を良くしようと魅力的な話をしようと頑張る人は多いのですが、相手に対するメッセージのうち言葉は10%〜30%と言われていますので、話す内容よりも話し方や表情などのノンバーバルを意識して変えていく方が第一印象を変えるためには重要なのです。

相手に好印象を与えて望ましいスキーマを持ってもらうためには、話す内容を考慮することも大切ですが、ノンバーバルを修正することが効果的なのです。


[cft format=1]

奥村英樹

7,809 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報