シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

疲労から回復と一時的興奮の違いを意識しよう!

シェアする


興奮剤に依存していませんか?

こどもは元気です。
朝から夜寝るまで色々なことに興味をもって、元気に動き回ります。

こどもはエネルギーに溢れているのです。
しかし、大人になるそんな元気はどこへやらエネルギーを喪失してしまいます。

そして、疲れを感じると、コーヒーや栄養ドリンクなどからカフェインや精製された糖質という興奮剤を摂って一時的な興奮を得ることで疲れをごまかすようになります。

ポイント

ポイント

これを繰り返すことで興奮剤への依存が高まり、興奮剤なしでは頑張れなくなってしまう人も少なくなりません。

日常的な興奮剤

日常的によく摂取される興奮剤には白砂糖カフェインアルコールニコチンなどがあります。
これらは脳の感情をつかさどる大脳辺縁系を活性化し、ドーパミンを放出させて快感をさせたり、一時的に交感神経を刺激して元気になったような錯覚をさせます。しかし、これらの興奮剤の多用は最終的には脳を極度に疲労させてしまうことを知っておきましょう。

クッキー

甘いもので疲れは取れません!

ストレスを解消しようとコーヒーをがぶ飲みしたり、時間がないからと甘いものや菓子パンなどを食べて間に合わせたり、イライラを抑えようとしてタバコを吸ったり、ストレス解消といって深酒をします。

しかし、こういった興奮剤によって気分が良くなったり、元気が出たような感じがするのは一時だけで、最終的にはリバウンドに襲われて、さらに強力なストレスやイライラ、倦怠感を感じるようになってしまいます。

そうなると、さらに興奮剤への依存がつよくなり、大量の興奮剤が欲しくなって、興奮剤がなしではいられなくなってしまいます。

酔っ払い

一時的にごまかしても・・・

本当に疲労を回復し、元気を取り戻したいのであれば、興奮剤による一時的な興奮作用と、休息と栄養、生活習慣の見直しによる本当の疲労回復を区別して考えなければなりません

もし、甘いもの、コーヒー、アルコール、タバコなどの興奮剤を手放せないとしても意志が弱いからではありません。
興奮剤の依存症なのだということを受け入れましょう。

睡眠の見直し

睡眠

興奮剤への依存症脱出し、心身を健康で元気に保ちたいのであれば、生活習慣をも直すとともに食生活のバランスを整えましょう。

炭水化物、タンパク質、脂肪の3大栄養素、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの微量栄養素をバランス良く十分に摂取することを考えてください。そして、質の高い睡眠をとるために就寝前にリラッックスできるように生活習慣を見直して下さい。


[cft format=1]

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする