シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

交換神経型の人の疲れの取り方

シェアする


交換神経型の人の疲れの取り方

交換神経型の人は活動的なので、無理をし過ぎる傾向があります。休息も取らずに何時間も集中して仕事をしてしまうようなことも多くなってしまいがちです。

ですから、1時間に1度は体を動かして緊張をほぐしたり、気分転換をしたりという事を意図的に習慣づけましょう。

血流が滞っていると感じる部分を中心に、軽いストレッチをします。
たいして効果がないように感じるかもしれませんが、こまめに血流を回復させることが、激しい疲れの予防になります。

休息の時は深呼吸をしてみましょう。
深呼吸の時、吐く息を吸う息の2倍以上長く吐くようにしましょう。

息を吐くときに副交感神経が優位になるので、心身共にリラックスできます。
深呼吸をすると、血中の酸素濃度が上がるので、体のすみずみに酸素が行き渡ります。特に頭は酸素と糖での代謝によって働きますので、深呼吸によって血中の酸素

濃度を上げることは頭のリフレッシュに役立ちます。
深くて大きな深呼吸をするようにしましょう。

深呼吸をする習慣をつけることは、呼吸をする時に使う呼吸筋のトレーニングにもなりますので、普段の呼吸も大きくなり通常の血中の酸素濃度も上がります。
寝る前に行うと寝つきがよくなります。

また、夜の入浴は40度以下のぬるめのお風呂に20分以上入るようにしましょう。
リラックスして副交感神経が優位になるばかりでなく寝つきが良くなります。

また、入浴後に軽いストレッチをすることもおすすめです。
筋肉が柔らかくなると、血流が良くなり疲労の抜け方も早くなります。
また、夜の眠りも深くなりますので、回復力もアップするでしょう。

疲れの取り方(交感神経優位型)

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする