人間関係を快適にする講座

考え込む
幸せ+のコツ

仕草の意味

鳥が何も教えられなくても時期が来ると種に特有の巣を作り、子育て行動をするように知識は遺伝します。仕草は人間が言葉を産み出す以前から用いられてきた遺伝子に蓄積された知識(顔の表情以外の体が発するジェスチャーは、どういう育ち方をしたか異なる部分があります)なのです。

仕草の意味をを理解することは人の本能的な表現を読み取る力を向上することに繋がります。

仕草を理解するには日々の体験の積み重ねが大切です。沢山の実践を通して理解を深めていきましょう。自転車の乗り方を身につけたときのように1度覚えてしまえば、あとは考えなくても自動的理解できるようになるでしょう。

仕草の効果を習う
対処能力の向上

言葉以外の仕草から相手の気持ちを推し量ることができるようになれば、相手への接し方をすぐに軌道修正をしてより快適な友好関係を築き、早い段階で信頼関係を得ることができるだけでなく、他者から自分がどう見られているかを理解し、それをどうすれば快適な人間関係づくりに役立つかも理解することができるようになっていきます。

「相手の気持ちを推し量り瞬間時に対処できるようになる」
「周囲への自分の印象を変化させ周囲からの扱いを変化させることができる」

言葉以外のメッセージを理解することは人間関係を、より良好で快適なものへと導いてくれることでしょう。

奥村英樹

13,589 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報