加圧トレーニング理論編(11)

パーソナルトレーニング

こんな症状がある人は注意してください!

トレーニング前の確認事項

次のような症状がある場合は、必ずお医者様に事前に相談した上でトレーニングを行って下さい。

  • 心臓に障害のある/妊娠中/生理中/悪性腫瘍がある/皮膚疾患がある
  • 高血圧症/急性疾患、化膿性疾患、むくみや痛みを感じる
  • 骨折、脱臼、肉離れ/骨粗鬆症/安静を必要とする/熱がある
  • その他身体に異常を感じる
チェック

効果的だからこそ!!

加圧トレーニングでは加圧ベルトを使って圧力をかけることで血流制限した「通常とは異なる状態」を作ってからトレーニングを行います。

加圧トレーニングは安全で効率の良いトレーニング方法です。しかし通常の筋力トレーニングで時間をかけてトレーニングを行った後の一番トレーニング効果の高い時点からトレーニングを始めるために「通常とは異なる状態」でトレーニングを行います。「トレーニング効果の高いギリギリ限界」の状態をつくりだしてからトレーニングを行うからこそ慎重さが必要なのです。

通常のトレーニングであれば、いきなりトレーニングをし始めてもギリギリ限界の状態までたどり着くまでに、「あれ、今日は調子があまり良くないな」と気づいて限界を超える前に調整をできるのですが、加圧トレーニングの場合は、その部分を飛ばして(だから短時間で効率よくトレーニングできるのですが・・・)トレーニングを行いますので、トレーニングをし始めてから「あれ、今日はあまり調子が良くないな」と思った時にすでに自分の限界を超えているということも考えられます。

加圧トレーニングを始める前は自分の体の状態をチェックして、体調があまり良くない場合はトレーニングメニューや圧力を見直す、トレーニングを中止するなど適切な判断を行うように心がけてください。

奥村英樹

18,038 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報