「 2015年03月 」一覧

年齢による睡眠の変化

年齢による睡眠の変化

幼児期ではノンレム睡眠の中でも特に深い睡眠が増加します。このころが深い睡眠が一生のうちで最も多い持期です。成長ホルモンは深いノンレム睡眠中に出るので、この時期が成長ホルモンの分泌量が最大になります。ですから、急速に体が成長してドンドン大きくなっていきます。思春期になると睡眠中に性腺刺激ホルモンが分泌され始めるので性的な成熟が促進されます。そして、高齢になると脳の「眠らせる力」が低下するので睡眠力が弱まり睡眠の質が悪くなって仕舞います。

心のためのボディーワーク・・音認識と動作の連動3

心のためのボディーワーク・・音認識と動作の連動3

神経細胞が他の神経細胞と連携してネットワークを作ることで様々な機能を生み出しています。神経細胞同士のつながりは脳を使えば使うほど増加するので、使った機能に関係するネットワークが増加してその機能が高まっていきます。どの神経ネットワークが増加するかは、どんな刺激があったかによって変わります。動き、反射、駆け引き、左右差など様々な<普段行わない刺激を脳に与えて脳に刺激を与え心と体の機能を高めていきましょう。今日は「音認識と動作の連動3・・アナログ時計」をご紹介します。

疲れへの対処法1

疲れへの対処法1

肩こりを感じるのは 「猫背など首や肩に負担がかかる姿勢が癖になっていることで肩や首の筋肉に過度な負担がかかった」「同じ姿勢を長時間続けることで肩や首の筋肉に過度な負担がかかった」「強いストレスを感じて交感神経の過緊張が続いた」「筋肉が硬く血流が悪くなっている」 などの原因が考えれらますが、いずれにしても筋肉が硬くなって血行が悪くなることで乳酸などの疲労物質が筋肉に溜まっている状態です。

モチベーションをアップする5

モチベーションをアップする5

自分の部屋が物で溢れかえっていて散らかりっぱなしでは、上がるモチベーションも上がらなくなってしまいます。整理整頓、清潔にすることはもちろんですが、観葉植物を増やしたり、自分の好きなアロマを蒸散させたり、気持ちが明るくなる色を自室に増やしても良いでしょう。やる気のアップする音楽を流してみたり、心が震える言葉を紙に書き出して、よく見えるところに貼っておいても良いでしょう。

睡眠と体の変化

睡眠と体の変化

体温は概日リズムに強い影響を受けています。体温は概日リズムに合わせて1日のうちで0.5~1℃程度上ったり、下ったりしています。午前4時~5時頃に1日のうちで一番低くなって、目が覚める少し前から上昇し始めます。そして午後7~8時頃に1日のうちで一番高くなって、その後は少しずつ下がっていきます。眠気は体温が下がる時に強くなるので夕方~夜にかけての時間帯に、軽い運動や入浴で体温を少し上げておくことで、体温の低下量が増加して1~2時間後に眠気が起きやすくなります。

心のためのボディーワーク・・音認識と動作の連動2

心のためのボディーワーク・・音認識と動作の連動2

神経細胞が他の神経細胞と連携してネットワークを作ることで様々な機能を生み出しています。神経細胞同士のつながりは脳を使えば使うほど増加するので、使った機能に関係するネットワークが増加してその機能が高まっていきます。どの神経ネットワークが増加するかは、どんな刺激があったかによって変わります。動き、反射、駆け引き、左右差など様々な<普段行わない刺激を脳に与えて脳に刺激を与え心と体の機能を高めていきましょう。今日は「音認識と動作の連動2」をご紹介します。

モチベーションをアップする4

モチベーションをアップする4

人は個人である前に生き物であり、家族である前に個人です。社会の一員である前に家族であり、世界の一員である前に社会の一員なのです。ですから、もし個人として良い人生を歩みたければ生物としての自分を大切にする時間が必要ですし、家族にとって良い存在でありたければ個人としての自分を大切にできている必要があるのです。社会で長期間成功し続けるためにも良い家族が必要です。ですから、生き物としての自分を大切にするために、健康に留意した生活を送ることはもとより、自分自身のための時間を確保しましょう。

疲れへの具体的対処法(副交感神経型3)

疲れへの具体的対処法(副交感神経型3)

副交感神経過剰の生活が続いて活動量が少ない状態が続くと、筋力が低下して姿勢を保つことが辛くなったり、それが原因で肩や腰、背中などが痛みが出てきたりします。こうなると電車やバスで立ってるのが辛くていつも座りたくなってしまいます。心と体が助けを求める声に耳を傾けてあげてください。できるだけメリハリの効いた生活を続けながら、エレベーターを使わずに階段を使ったり、散歩をしたりしてできるだけ運動量を増やし、筋肉に刺激を与えながら循環器系の機能をトレーニングしていきましょう。

起きている時間と睡眠の質と量の関係

起きている時間と睡眠の質と量の関係

睡眠物質は目覚めている時間の長さに比例して脳の中の増えるため、起きていた時間の長さと睡眠の質、量には強い関係がるといえるのです。つまり、睡眠の質を上げてしっかり休むためにはある程度目を覚ましている時間を長くして脳内に睡眠物質を十分に溜め込む必要があるということです。長く寝れば疲れが取れるというわけではなく、自分にとって必要な睡眠時間と覚醒時間をしっかりと把握しておくことが必要だということです。

心のためのボディーワーク

心のためのボディーワーク

脳には1000億を超える神経細胞があります。神経細胞が他の神経細胞と連携してネットワークを作ることで、見る、聞く、記憶する、思考する、判断する、会話する、運動するなどの様々な機能を生み出しています。神経細胞同士のつながりは脳を使えば使うほど増加し、使った機能に関係するネットワークが増加してその機能が高まっていきます。どの神経ネットワークを使うかは、どんなことに関心や興味を持って、何を意識して、何に集中して、どんな感情や感覚を味わうかによって変わってきます。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告