コミュニケーションで幸+する講座24

広めの足幅
コミュニケーションレッスン

下半身のメッセージ2

股間を見せることの意味

股間を堂々と見せると自信アピールすることができます。

ただし無理矢理腰を突き出すと変な人だと思われてしまいますので、さりげなく自然にとアピールすることが大切です。自信のある男性は、これ見よがしに股間をアピールしています。こうしたノンバーバルはパワーや自信を外にむけて発信しているのですが、やりすぎると抑制のきかないお調子者に見えてしまいます。

また足元にも注意を向けてみましょう。つま先の向きは常に興味のありかを示していて、手の親指は自信を表しています。

ヘソの向き、股間の扱い方、つま先の向き、手の親指の扱い方を合わせて考えれば、相手の関心や心の状態をかなり適確に予測することができます。

足幅を広げる

足幅が狭い

足幅が狭い

足幅が広い

足幅が広い

自信のある人に見られたいなら立ち方に気を配リましょう。下半身のノンバーバルの意味を知って使いこなすことで、興味やパワー、自信を示すことができるからです。

  • 立っている時の女性の足幅はおよそ10~15㎝程度、男性は15~20㎝です。
  • 足幅をあえて少し広げるだけで印象はより力強くになります。ほんのわずかに足幅を広げるだけで自信にあふれた人の印象が強まります。
  • 足幅を広げると簡単には倒れないという印象を人に与えます。それにより強い信念を持っている人というイメージが強くなるのです。
  • 緊張や不安で足首を絡ませたくなったら、足幅を広げしっかりと立ち足の指で地面をつかんんで自信を取り戻しましょう。

奥村英樹

20,812 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報