食べ物で心をケアする講座27

ハーブ・ハーブティ
ブログ

安全で健康的なストレス対策

ストレスへの対策でアルコール・抗不安薬・睡眠薬などに頼りすぎると、脳内伝達物質や血糖値などのバランスが崩れてしまいます。

脳内伝達物質のバランスが崩れると心が不安定になったり、ネガティブな感情を抱きやすくなってしまいます。血糖値バランスが崩れても心は不安定になってしまいます。脳内伝達物質や血糖値のバランスを保ちながら、健康的にストレスに対処するにはどうしたら良いのでしょうか?

ハーブで安全にストレス解消!

安全で効果的で依存性がなく脳や体に働きかけてリラックスさせてくれる物質が自然界には多数存在します。ハーブはその代表的なものです。簡単に手に入りますし、そんなに効果なものではありません。ハーブは人間に元々備わっている自然の治癒力を促進してくれます。ただし、ハーブにも人体への強力な薬理作用があるものもありますので、妊娠中、授乳中は医師に相談してください。

ハーブはできるだけ自然に存在する姿に近い形で使う方が効果が高いようです。ハーブは沢山の天然成分を含んでいるので、これらが互いに相乗効果を表すことによって効果を発揮するからです。ハーブの抽出エキスを使うのではなくハーブ全体を使いましょう。有効成分だけを抽出すると副作用が起こりやすくなると言われています。

リラックス系ハーブ

ハーブティーを包む手

  • セントジョンズワート(セイヨウオトギリソウ)
    気分を向上することで知られています。不安、イライラなどが強い方におすすめです。
    よく知られた野草で、花びらの端に黒い点のついた黄色の明るい花を咲かせます。
  • パッションフラワー(時計草)
    北・中央・南アメリカの原産で、古くから先住民族の間では天然の鎮静剤として使用されてきました。
    鎮静効果があり、神経の緊張や精神的な不安を和らげてくれます。
    過度の緊張や精神上の不安から起こる過敏性腸症候群や不眠、ストレス性の高血圧や喘息などに効果を発揮します。
    特に寝つきの悪い人にパッションフラワーのハーブティーはおすすめです。
    自然と深い眠りにつくことができるようになります。
    また、筋肉の痙攣を和らげ痛みを鎮めてくれる効能もあります。
  • カバ
    筋肉をリラックスさせ、痛みを和らげると言われています。
    不安、落ち着きのなさ、ストレスの軽減、睡眠補助の目的で使用されます。
    コショウ科に属し、南太平洋のバヌアツやフィジーといった島々に分布しています。
  • バレリアン
    穏やかな鎮静剤としてネイティブアメリカンに長く用いられていました。
    脳の興奮を穏やかにすることが確認されています。
    1985年、不安や睡眠障害の治療薬として、ドイツのコミッションEによって正式に認められています。
    入眠が楽になるだけでなく、睡眠も深く、長くなるといわれています。
    また、欧米では授業に集中できない子供や、睡眠障害のある高齢者に利用されています。

奥村英樹

19,698 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報