シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

心と栄養素の関係をもっと知って幸せ+4

シェアする


興奮を沈めるタウリン

タウリンも脳の抑制系のアミノ酸です。
タウリンは体全体に分布していて、特に脳、心臓、白血球、筋肉、網膜などに多く含まれます。

ポイント

ポイント

タウリンは神経細胞の膜を電気的に安定させるので(電荷の逆転を防ぐ)、脳が興奮することを抑制します。

つまり、タウリンは神経細胞を電気的に安定させる事で不安や緊張を和らげ、イライラを抑えるので、ストレスを緩和してくれるという事です。
また、偏頭痛や不眠を抑える働きもあると言われています。

タウリンが不足すると脳が興奮しすぎて不安や緊張が強くなり、イライラして、場合によっては多動、てんかん発作など起きる事があります。

さらに、タウリンはコレステロール値を下げる働きや血圧を下げる働きがあります。

タウリンを多く含む食材

タウリンを多く含む食材を摂ろう!

タウリンは必須アミノ酸のシステインやメチオニンから体内で合成することができます。
この時、ビタミンB6が重要な働きをしますので、システィン、メチオニン、ビタミンB6を十分に摂取する事が大切です。

ある報告では、タウリンを1回250~500ミリグラムを1日1回~2回 食後に摂取すると高い効果が得られるとしています。

タウリンを多く含む食材

<魚類>

<貝類>

真ダコ 900~1670

やりいか 700

カツオ 160~830

鰤(ぶり) 180~670

真アジ 230

秋刀魚(さんま) 180

鰯(いわし) 170

サザエ 1500

ホタテ 670~1000

牡蠣(かき) 70~1180

蜆(しじみ) 32

アサリ 210~420

ミル貝 730

蛤(はまぐり) 550

鯖(さば) 170

虹鱒(にじます) 70

キングサーモン 55

鮪(まぐろ)の赤身 32

メバチの中トロ 8

<その他>

海栗(うに) 32

スルメイカ 360

車海老(くるまえび) 210

大正海老(たいしょうえび) 215

甘海老 60

食品100gあたりのタウリン含有量(単位:mg)


[cft format=1]