幸せを増やす講座100

年配の人
コミュニケーションレッスン

目上の人とうまく付き合う方法

同じ考えの人を好きになりやすい

人は「自分と同じ意見を持つ相手に好意を持ちやすい」という習性があります。自分の考え方が相手と一致することで、自分の正しさを感じることができるので心地よさを感じるからです。人は一緒にいて心地よい相手に好意を持ちやすいので、上下関係があるときはこの習性をうまく利用すると良いでしょう。

ちゃんと伝えよう

  • 目上の人に賛成できる時は賛成していることを明確に伝えましょう。
    自分が感じているより大げさぐらいでちょうど良いです。
    表情、声のトーン、言葉などを使ってハッキリ明確に伝えられるように鏡を見て練習しておきましょう。
  • 目上の人に賛成できないときは反対していることも明確に伝えましょう。
    賛成している時に本当に賛成していると伝えるためには、賛成できないときは、そのことを丁寧に伝えることが大切です。

賛成できないことを伝えるときは

気づいた・閃いた

「相手の立場を尊重すること」と「伝え方に配慮をする」ことが大切です。目上の人の立場を尊重しましょう。

例えば、人が沢山いる場所で上司の意見に反対したりして、上司の面子をつぶしてはいけません。こうした配慮を欠くと上司も感情的になって敵対心を持ってしまいます。賛成できないことを伝えるときは「誰もいないところで伝える」「目上の人の立場が悪くなったり、面子を潰してしまう時間や場所は避ける」といった配慮が必要です。

また、「私の考えは◯◯なのですが、どう思われますか?」など自分の意見を伝えたて目上の人の意見を聞いてみたり、「△△の部分については□□だと思います。ただ、◯◯という部分はとても素晴らしいです。さすが◯◯さんだと思いました」のように、賛成できない部分を伝えた後、賛成している部分をしっかり伝えるなど、伝え方にもしっかり配慮するようにして相手の立場や気持ちを考えて伝えるようにしましょう。(サンドイッチ話法などもおすすめです)

相手の立場に配慮することがコミュニケーションを快適にするということは、目上の人に限ったことではありません。目上の人の場合は特にということです。相手の立場に配慮して心地よいコミュニケーションを目指してください。

奥村英樹

32,920 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報