2016年 8月

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

太陽の光で幸せ+
幸せ+のコツ

疲れが取れやすい体を作ろう2−3

疲れが取れやすい体をつくるためには睡眠の質を高めることです。
ですから夜更かしはやめましょう。夜になると体は副交感神経を優位にして、体に溜まった老廃物を排出するために血流量を増加させます。さらに、その日1日で異常を起こした細胞を除去(ガン細胞を取り除く)してます。
つまり、夜更かしをすると体に老廃物や異常を起こした細胞が残ってしまうということです。

体温と体ケア
幸せ+のコツ

疲れが取れやすい体を作ろう2−2

体温と免疫力の間には強い相関関係があります。
最近は露出が多い服装、エアコンの効いた室内、冷たい食べ物の摂りすぎ、運動不足など様々な要因が重なって、低体温に陥っている人は少なくないようです。体がだるい、疲れが取れない、風邪をひきやすい、怪我が治りにくい、アレルギーがある・・など低体温になると様々な不調が現れます。体を冷やさないようにして体温を適切に保ちましょう。

進歩・向上
幸せ+のコツ

自信を構成するもの

自信がある、自信がない・・自信という言葉はよく使いますが、自信についての定義はかなり個人差があるようでうす。今日は自信を構成する要素を①育む自信、②与えられた自信、③近づく自信、④成し遂げる自信に分解して考えてみたいと思います。様々なタイプの自信がある事を理解し、今はどの自信を強化する事が「より良い状態で生きる事につながるか?」を選択できるようになりましょう。

一流のシェフになって幸せ+
幸せ+のコツ

出来事を素材とすること

生きていると様々なことが起こります。
多くの人はどんなことが起こったかで一喜一憂するものです。しかし、この先どんなことが起こるかを、決めることはできません。
大切なことは起こった出来事を素材にして、どんな人生を作っていくかということです。大した素材はなくても1流のシェフならば美しく、おいしい素晴らしい料理を作ることでしょう。

血流アップで幸せ+
幸せ+のコツ

疲れが取れやすい体を作ろう1

誰でも頑張れば疲れます。しかし、朝目が覚めるとシッカリ疲労が解消されていて、朝から元気一杯な人もいれば、いくら休んでも疲労が解消されないので、ドンドン疲労が溜まってしまう人もいます。なぜこんな差が生まれるのでしょうか?疲れの取れやすい体(回復力のある体)であるための条件の1つが、「血行の良いこと」であることは以前お話ししました。

体の調子の要素を調えて幸せ+
幸せ+のコツ

心も体も自分で調えられる

心も体も同じです。
調子が良くなったり、悪くなったりする原因があるのです。自分で調整できる要素へ働きかければ、自分自身の力で調えることができます。
遺伝的な要素が同じでも食習慣や運動習慣が違えば太りやすさが違ってきます。遺伝的な要素が同じでもよく使う感情が異なれば感じやすい感情が違ってきます。自分はこんな体質だから・・
、自分はこんな性格だから・・、と決めつけないで、心身の調子を整えていきましょう。

疲れの取り方(交感神経優位型)
幸せ+のコツ

疲れのタイプ別回復法

疲れには交感神経型の疲れと副交感神経型の疲れがあることはことについては前回お話ししました。疲れの種類によって回復法が違うので、自分の疲れのタイプを理解して、疲れに合った回復法を選べるようになりましょう。誤った回復法を行ってしまうと、かえって疲れがひどくなってしまうので注意が必要です。交感神経型の疲れと副交感神経型の疲れの特性をよく理解して疲労回復を行ってください。

感情感度の違いを知って幸せ+
幸せ+のコツ

感情感度と幸せの関係

快の感覚やポジティブな感情をよく使う人は、快の感覚やポジティブな感情が強化されていきます。
つまり、些細なことでも強く喜んだり、ワクワクしたり、楽しんだりできるということです。不快の感覚やネガティブな感情をよく使う人は、不快の感覚やネガティブな感情が強化されていきます
。つまり、些細なことでも強くイライラしたり、落ち込んだり、悲しくなってしまうということです。

幸せ力講師
幸せ+のコツ

交感神経型と副交感神経型の疲れ

交換神経型の疲れ・・「活動的なことは良いことじゃないか!!」と思う人もいると思いますが、このような生活は体に負担をかけてしまいます。特に大きなストレスを抱えている人や薬を常用している人は交感神経が優位になりやすいので交換神経型の疲れを引き起こしやすくなります。副交感神経型の疲れ・・体を動かす機能や筋力が低下しているのですぐに疲れを感じてしまうのです。そのため、さらに体を動かす機会が減少してしまうので、休めば休むほど疲れがひどくなってしまいます。

サイト情報