シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

人の体と食べ物の関係

シェアする


【人の体と食べ物の関係】

「栄養バランスのとれた食事」とはどんなものでしょう?
身体に対する理解を深めることで、食べ物の重要性が改めて見えてきます。

【まずは歯を知ること】
3種類の歯

歯には理想的な食事作りのヒントが隠されています。人間の永久歯はおやしらずを含めると上下あわせて32本あって、切歯(門歯)、犬歯、臼歯の3種類に分かれます。
歯の種類
切歯は草食動物に特徴的な歯です。8本の前歯が切り歯で、野菜や食物繊維を噛み切る役割りがあります。4本の犬歯は肉食動物に発達している歯で、肉や魚介類などの動物性食品を引き裂く働きをします。そして、残りの20本の臼歯は米や麦などの穀類をすりつぶす役目を担っています。

そして、この比率は、本来人間が摂るべき食べ物の比率とほぼ等しくなっています。

人の歯の種類 本数 比率
臼歯 20本
切歯(門歯) 8本
犬歯 4本

穀類:海藻や野菜:肉や魚(乳製品や卵も含む)=5:2:1
臼歯:切歯   :犬歯           =5:2:1

となるのです。

進化の過程で時間をかけて培われてきた人間本来の機能を考えると、人間が本来摂るべき食べ物がわかるのです。
また、臼歯の本数が切り歯や犬歯と比べて圧倒的に多いのは、人間の食性が「穀類を中心とした雑食動物」であることをあらわしています。

食性というのは遺伝的にその動物に適した食の性質のことです。
人間には人間の、牛には牛の、ライオンにはライオンの食性がありますが、それを物語るのが「歯の構造」なのです。

人間は歯の構造にあった比率で食事をとることで、健康な身体を手に入れやすくなります。
反対に、食性のバランスが大きく崩れると人間が本来持っている能力を発揮しにくくなり、生活習慣病になったり、感情のコントロールが上手くできなくなって、キレやすくなったり、落ち込みやすくなったり・・感情が不安定になってしまいます。

さて、このように歯の比率から考えると人間の食性は「穀物を中心とした雑食」と言えます。
それでは、穀物中心なら何を食べても良いのでしょうか?じつは、そうではありません。

日本人はパンを中心とした食生活を送るのは好ましくありません。
それは、食性を決めるもう1つの要素は風土に適しているものを食べるということだからです。

風土によって育まれた穀物、旬の魚や野菜・・・地元に根差した食材を使った食事が、その土地の人間に最も適したものになり、身体に負担の無い食事なのです。
草食動物の腸が長いのは、植物は食物繊維が豊富で消化吸収しづらいため、腸の長さが必要になるからです。

一方、肉食動物の腸が短いのは、腸内に溜まった肉類のカスが有害物質を作り出す前に、短時間でそれを外に排出しなければならないためです。
人間は、肉も野菜も食べる雑食動物ですから、腸の長さは草食動物と肉食動物の中間くらいになっています。

そして、日本人の小腸は欧米人に比べて80センチ長くなっています。
それは、日本人が長い間、米や野菜を中心とした食事をしてきたからです。肉食をメインにしてきた欧米人よりも腸が長くなっているのです。

しかし、近頃は食生活が急激に変化して、日本人も肉や乳製品が大量に摂るようになりました。そのため、体に負担がかかり、成人病、花粉症・・様々な病気を抱えることが増えてしまっているのです。
《腸の長さ》

肉食動物 < 欧米人 < 日本人 < 草食動物

健康で明るく元気な生活を送るためには、人間の体についてもっと良く知って、体に必要なものを摂ることが大切です。
体に合ったバランスの食事を摂ることで、健康になり、体がキチンと働くことで心が安定し、幸せな毎日を過ごす基盤ができるのです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする