疲れの取れやすい体になるために8

足湯で芯から温まる
幸せ+のコツ

体を温める2つの方法

疲れの取れやすい体は温かく血流状態が良い体です。

体をしっかりと温めましょう!

ポイント体を温めるためには「外」からと「中」からの2通りがあります。

外から温める方法

足湯する女性

外から温めよう!

  • 湯船にゆったりとつかる
    夜、ぬるめのお湯(38~40度)ぐらいに20分を目安につかりましょう
  • 足湯をする
  • カイロを使う
  • 湯たんぽで温める
  • マフラーやネックウォーマーを使う
  • 腹巻を使う

などです。

温めるポイントはおヘソの下二の腕脇の下鼠蹊部太ももです。
この部分を温めると、体全体が温まってきます。

時々温泉などでじっくりと体の芯から温めるのもおススメです。

体を中から温める方法

食事

体を内側から温めよう!

体を中から温めるのも大切です。
体を外から温めると表面は温まりますが、芯部体温は上がりません。

内臓など温かい状態に保つためには、体を中から温める必要があるのです。

  • 温かい食べ物を食べる
  • 色の濃くて土の中に育つ野菜を食べる(根菜類)
  • 寒い地方で取れるものを食べる

これらの食べ物は体を温めてくれる食べ物です。

体を温める食べ物

  • 北方の食べ物
  • 「硬い」もの
  • 色の濃い食べ物
  • 塩(Na=ナトリウム)の多い食べ物
  • しょうが
  • ねぎ
  • にんにく
  • 梅干黒焼き

自然界で色素の濃い食べ物は体を温める性質をもつことが多いのです。
暖色(赤・黒・黄・橙)の食べ物は体を温めてくれます。

酢よりも「塩」がいい

「温めもしない冷やしもしない食べ物に注目」:人間の主食になってきた食べ物は、体を冷やしも温めもしない「間食」という食べ物で、黄~薄茶色をしています。
玄米・とうもろこし・麦類・そば・あわ・ひえ・もちなどで、いつ、どこで、誰が食べてもいいものです。

「酒類はほんの少したしなむ程度」にしましょう。
ビール・ウイスキーより日本酒紹興酒など、ワインなら白より赤が良いでしょう。

体を冷やす食品を摂る場合は、火を通したり塩を加えたり、また発酵させたりすることで冷えを予防できます。

例えば

牛乳(白・水っぽい=冷やす)→熱を加える→発酵→チーズ(黄・硬い=温める) 

ダイコン(白、水っぽい=冷やす)→塩や圧力を加える→タクアン(黄・硬い=温める)

緑茶(南方産、緑=冷やす)→熱を加える→発酵→紅茶(赤=温める)など

中性〜陽性の食品をしっかりとりましょう!

極陰性

陰性

中性

陽性

極陽性

お酢

キャベツ

玄米

豚肉

鶏肉

トマト

レタス

牛肉

鶏卵(特に黄身)

ジャガイモ

牛乳

チーズ

砂糖

枝豆

味噌

バナナ

緑茶

納豆

梅干


[cft format=1]

奥村英樹

1,666 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧