食べ物と乳酸と不安の関係を知って幸せ+

不安と食べ物の関係
幸せ+のコツ

血中乳酸レベルと不安の関係

砂糖や精製されたデンプンを食べれば食べるほど乳酸レベルが上がります。
乳酸レベルが上がると疲労を感じるだけでなく、不安を感じるようになります。
習い事pointカルシウムは脳の興奮を抑える働きがありまが、このカルシウムに乳酸にくっつきます。
カルシウムに乳酸がくっつくとその分だけ血液中のカルシウムレベルが下がり、カルシウム不足で脳の興奮が抑えられなくなり不安になります。

砂糖、カフェイン、アルコールといった物質を多くとると乳酸が血液中に蓄積し、疲労と不安が発生します。

マグネシウム、カルシウム、ナイアシンは、乳酸の増加を抑えてくれます。
乳酸の増加を抑えることで不安を弱めることができます。

  • 不安が続いて夜眠れない
  • なんだかわからないけど不安
  • 不安が日常化している etc

「いきすぎた不安」が継続している方は、マグネシウム、カルシウム、ナイアシンを積極的に摂ってみましょう。

不安と食べ物の関係

不安と食べ物の関係

[ad#as-01]

奥村英樹

2,560 views

心理カウンセラー、加圧インストラクター、整体ボディケアセラピスト、スポーツフードアドバイザー、家庭物理療法師、医療機器の販売及び貸与営業所管理者など心と体を...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

サイト情報