「 」一覧

自己肯定感を育てる

自己肯定感を育てる

「自分なんて大嫌い!もっと強くなりたい」そんな風に思う人も少なくないのではないでしょうか?しかし、結論からいうと、これは非常に困難なことです。なぜなら、自分を嫌いなままで強くなることはできないからです。強くなるために、結果を出そうと頑張っているという人もいるでしょう。しかし、強くなるために結果や条件と言った時間や環境に左右されるものだけに頼ると心は安定しないのです。

心を作る物質ギャバを知って幸せ+

心を作る物質ギャバを知って幸せ+

脳の過剰な興奮を抑え、リラックスを促進してくれる代表的な物質にギャバ(γ-アミノ酪酸)があります。脳が適度に興奮すると、快感を味わえますが、興奮しすぎると緊張し、落ち着きがなくなり、不安になり、ストレスを感じ眠れなくなってしまいます。そうならないように、脳の興奮を抑制するギャバがブレーキをかけてくれます。脳内のギャバレベルが適切だと、穏やかな心でいられますが、低下すると不安、緊張、不眠を感じてしまいます。

ノンバーバルの観察の仕方を知って幸せ+

ノンバーバルの観察の仕方を知って幸せ+

人の仕草を観察する時は体全体のパーツに目を配りましょう。頭、肩、膝、爪先の4つの部位について、「どういう状態か?」「どう変化するか」を見てみましょう。そして、普段からその人を観察して、基準のをみつけ、その状態からどう変化するかを見つけることで、その真意を見つけることができます。また、「~したから~だ」と決めつけるのではなく、複数の変化を見つけ総合的に判断するようにしましょう。

体の感覚を分散させて幸せ+

体の感覚を分散させて幸せ+

重度のうつ病患者さんに、「目を閉じて・・右の足の指がどこにあるかわかりますか?」と尋ねると、「良くわからない」と答える方がほとんどです。体を刺激したり、動かしたりしながらそこへ意識を向けることで、「辛さ」「悲しさ」「苦しさ」「不安」「怒り」「憎しみ」といった感情を表す体の感覚から意識を分散していく練習をして、ネガティブな感情を分散させるトレーニングをしていきましょう。

継続する落ち込みや不安定な感情と栄養素の関係

継続する落ち込みや不安定な感情と栄養素の関係

誰にでも落ち込んだり、イライラすることはあるものです。しかし、普通は、明確な原因があって、原因がなくなってしまえば気分も戻るものです。しかし、中には原因がなくなってしまったのに落ち込みやイライラが継続してしまう人もいます。継続する不安や気分の変調は、脳内物質のバランスの崩れや栄養素の摂取に問題がある場合があります。

自分を育てる

自分を育てる

人は「なりたいと望んだ人間になれる」のです。もちろん、特別な才能がなければできないこともあるでしょう。しかし、一般的な性質、性格、感覚、感情といったものを決定づけるのは遺伝子ではありません。環境や経験などの要素が人を作って行くのです。自分が選択して自分に与えた刺激や環境によって、行動や感じることが変わってきます

ノンバーバルの基準を知って幸せ+

ノンバーバルの基準を知って幸せ+

繰り返し接する相手のノンバーバルの基準を理解するには、その人の普段を良く観察する必要があります。いつもの状態を把握、理解しておくことで、いつもと違う状態を見分け気付けるようになるのです。大切なことは「~したから、~だ」と決めつけないことです。普段からのその人の状態を知ったうえで、その基準からはみ出したノンバーバルを見つけて判断していきましょう。

下半身の運動不足を解消して幸せ+

下半身の運動不足を解消して幸せ+

疲れの取れやすい体(回復力のある体)とは「血行の良い体」です。血行が良く、老廃物を早く排出できる体、つまり疲れの取れやすい体にするためには、生活の中で気をつけるべきポイントがいくつかあります。基礎代謝をアップさせ、血流量をアップさせるためには、歩くことや下半身を使うスポーツが大切です。運動不足になると体が冷えやすくなり、血流量が低下して疲れの取れにくい体になってしまいますので気をつけましょう。

色の力を知って幸せ+

色の力を知って幸せ+

色は目から入った印象だけで体に影響を与えているわけではなく、体に浴びた時、身体機能や心理面に直接影響を与えているのです。人は、絶えず外部からの影響を受けながら生きています。 身体的にも、心理的にも・・・。家の内装、衣服、所持品など、色の好き嫌いだけでなく、どんな人生を過ごしたいのか、どんな感情を味わいたいのかを考えながら、その時に必要な色を選んで自分に望ましい、そして必要な影響を与えてください。

幸せの要素を知って幸せ+

幸せの要素を知って幸せ+

幸せを感じやすい人と感じにくい人がます。幸せを沢山感じると幸せを感じやすくなるからです。「心も体も使ったところが強くなる」のです。つまり、幸せを沢山感じてきた人は幸せを感じやすく、幸せを感じたことがない人は幸せを感じにくいということです。ですから、幸せを感じる感度を強くするためには、毎日の生活の中で感じる幸せを意識し(今起きている幸せな感覚は体のどの部分でどんな感じて起きているんだろうと意識を向けて見る)、感謝していくことが大切なのです。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告