シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

自分のことは半分しかわからない

シェアする


ジョハリの窓

「ジョハリの窓」という考え方を知っていますか?
「自分のことは自分が一番よく知っている!」そんな風に思う人も少なくないでしょう。

でも自分についての自己評価と他者評価が異なることは珍しいことではないはずです。
人は何かを見て理解する時、どんな人でも先入観を通してその対象を評価するものです。

ポイント

ポイント

ですから、先入観にそぐわない情報は見落としてしまって気づかないことも少なくないのです。

自分でわかるのは半分まで!

下記の表をみてください。
自分が知っているのは1と2だけです。

3と4の自分については気づいていないのです。
自分のことを好きになれなかったり、認められなかったり、逆に他人のことを好きになれなかったり、認められなかったりする時は、自分やその人の一部の情報しか見ていないことも多いのです。

ジョハリの窓

1

自分 ◯
私ってこんなところがあるの

他人 ◯
そうだよね自分が知っていて他人も認める自分

2

自分 ◯
私ってこんなところがあるの

他人 ×
自分のことわかってないねぇ自分は知っていて他人の知らない自分

3

自分 ×
この人私のことわかってない 

他人 ◯
君ってこんなところがあるよね

他人が知っいて自分で気づけない自分

4

自分 ×
自分が知らない自分

他人 ×
他人の知らない自分

自分も他人も知らない、想像できない自分

「今まで好きになれなかったひとと一緒に仕事をしてみたら、思っていたのと全然違ってとっても良い人だった」なんていう経験はありませんか?

アロハな女性

自分の半分までしかわからない!

人は自分(他人)の半分までしか知ることができないのです。
自分や他者を好きになれなかったり、認められなかっりする場合は、その半分の中の一部にしか目を向けていない(目を向けることができない)からということも少なくないのです。

また、自分も他人も自分のことを半分しかわかっていないのですから、「できると思える」事しかしないのは、今まだ出会えていない自分に出会うチャンスを捨てているようなものであるとも言えます。

人間ですから先入観にとらわれてしまうのは仕方がないのですが、

  • 自分の知らない自分がいること
  • 自分の知らない相手がいること

を意識して自分や他人に接することはより世界を広げることにつながるはずです。



このページを読んでいただきありがとうございました。
よろしければ他のページもご覧ください。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告

シェアする

フォローする