シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

問題を整理分類して幸せ+

シェアする


問題を整理/分類してみよう!

何か問題が生じたとき問題に圧倒されて何もできなくなってしまう人がいます。
問題に圧倒されることなく解決に導くことができる人はどこが違うのでしょうか?

もちろん、問題解決の要素には様々なものがありますので1つに決めつけてしまうのは良くありません。
しかし、最初のステップでは以下のような差が大きいと言えるでしょう。

オッケージェスチャーを習う

2つの問題

問題には大きく分けて2つの要素があります。

  1. 実害的問題
  2. 感情的問題

の2つです。

何か問題が生じた時、この2つを分類できる人と混ざってしまう人(Cタイプ)と分類できる人(Aタイプ)がいます。

ポイント

ポイント

このAタイプの人は、実害を小さくする対策を考え、感情とどう付き合うかを考えることができます。
しかし、Cタイプの人はこの2つを分類することができずに何をどうしたらよいのかがわからなくなってしまいます。

Aタイプ
  • 今回の失敗で損害が◯◯万は出てしまったなぁ。
  • どうやって損害の埋め合わせをしよう?
  • ◯◯さんには随分迷惑をかけてしまったから、嫌な思いをさせちゃったな。
  • 今度お詫びに伺わなくては!
  • 今回のことで信頼は随分なくなったし、これから先が心配だけど、小さな実績を積み重ねてまた信頼を積み重ねていけばチャンスはあるさ
Cタイプ
  • これはとんでもないことになるぞ
  • もう立ち直れない。おしまいだ。
  • なんてことをしてくれたんだ etc

問題が分類できないと「何をすれば良いのかわからなく」なって焦りや不安といったネガティブな感情に振り回されて、問題が悪化してしまうことも珍しくありません。

問題解決が苦手だと感じている人は、なにか問題が生じたときに
実害的問題と感情的問題を分けてリストアップしてみましょう。

整理ファイル

問題を整理・分類して考えよう!

そして、それぞれの項目についてどう対処するのかを1つづつ丁寧に考えてみましょう。

問題分類/対策表

問題 実害的問題 対策 感情的問題 対策

衝動買いをしてしまった

予定の生活費が2万円不足する

今日から1ヶ月半、ランチは500円以内にしよう。

自分意志が弱いダメな人だ

ランチで節約できたら自分を許してあげよう


[cft format=1]