シェアする

店舗情報
058-372-6874
月曜-土曜:9:30am -9:30pm
日曜日お休み ヨガ、料理教室日曜営業

関心範囲と影響範囲の差を知って幸せ+

シェアする


関心範囲と影響範囲

悩みや問題が継続する大きな理由の1つに、「関心範囲」と「影響範囲」の区別がついていないことがあります。

  • 関心範囲
    自分が「関心」をもっている範囲の事
  • 影響範囲
    自分が「影響を与えられる範囲」

習い事point人は様々なことに関心を持っています。
日本経済、自分が勤める会社のこと、社内の人間関係、子供の教育問題など・・・多岐にわたる分野に関心を持っているものです。

そしてその中のすべてではなく、ある部分について関心を持つだけでなく、実際に行動し影響を及ぼすことができます

例えば、一般の人は日本経済に関心は持っていても、自分の力で影響を及ぼすことは出来ないものです。
この場合、日本経済は【関心範囲】に入る事項で、【影響範囲】には入らない事項に分類することができるでしょう。

もし、日本経済に影響を与えたければ、日銀の総裁、政治家など日本経済に影響を与えられる人になったり、そうした人たちとのコネクションを持つ必要があるでしょう。

つまり人の活動には、

  1. 関心範囲にも影響範囲に入っているもので、自らの意志で変化させることができるもの
  2. 関心範囲には入っていても影響範囲には入っていない、自らの意志で変化させることができないもの

があるということです。

いくら関心範囲に入る事柄が納得のいかない状態であっても自分の影響範囲に入っていないことについては何もできないということです。
そして、この関心範囲と影響範囲の区別をつけることができず、影響範囲に入っていない事柄についてエネルギーを使うことが悩みや問題の継続の一因となっているのです。

関心範囲と影響範囲

関心範囲と影響範囲

それでは、望まない状況や環境の中で、どうすれば、その状況や環境に影響を与え、自らの望む状態に変化させ、悩みを長期化させないですむのでしょうか?答えは簡単です。

  • 自分の影響範囲を拡大することにエネルギーを集中すること

です。

  • 現在の望まない状況 ⇒ 不平不満 ⇒ 影響範囲の維持=問題・悩みの継続
  • 現在の望まない状況 ⇒ 影響範囲の拡大へのエネルギーの集中=問題・悩みの解決

ということを意識して、変化する環境に振り回されるのではなく、自分自身影響範囲を拡大し続けることで状況や出来るという自覚を持つことが大切です。

[ad#as-01]