「 心と体の関係 」一覧

快適に過ごしていますか?

快適に過ごしていますか?

お腹が減っているとイライラしますよね。
些細なことで腹が立って、誰かに当たってしまった経験がある人も少なくないのではないでしょうか?お腹が減っていれば誰でも機嫌が悪くなるものなのです。
ちなみに「心の食事」は「快適さ」です。
「快適さ」とは喜しい、嬉しい、気持ちいいといった感情や感覚です。心が食事を食べていない時も、やっぱりイライラして誰かに八つ当たりしたくなってしまいます。

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー3

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー3

コエンザイムQ10はエネルギーをつくるために必要な補酵素です。
強い抗酸化作用も併せ持っているので生活習慣病や老化の予防にも役立ちます。コエンザイムQ10は細胞の中にあるミトコンドリア(エネルギー生産工場)で活動に必要なエネルギーの大部分をつくり出しています。
コエンザイムQ10の1日摂取目安量は60~100mgとされています。コエンザイムQ10は、ウシ、トリ、ニシン、サケ、レバー、酵母、ダイズ、ナタネ油、動物の内臓に多く含まれます。塩辛やモツ煮込みには多く含まれています。

身体能力と脳の関係を見直そう

身体能力と脳の関係を見直そう

100万人以上の生徒を調査で学力検査の点数とフィットネスグラムの得点が相関があったのです。
健康な子供の学力検査の点数は健康に問題を抱えている子供の2倍も高くなりました。反対に考えれば、子供の健康を増進させることで、子供はより良い成績が取れるようになるということです。
たくさんの調査結果が運動が記憶力、集中力、学業態度に良い影響与えると報告しています。

運動が学習効果を高めてくれる

運動が学習効果を高めてくれる

アメリカのイリノイ州にあるネーパーヴィル・セントラル高校で行われた体育プログラムをご紹介させてください。

この高校では午前7時10分に体育の時間があります。
1時限目の前に行う体育の授業なので0時限体育と呼ばれています。授業の前に運動することで読解力や他の成績を上げる取り組みです。
最近に研究で運動することで脳のニューロンを結びつく作用が活発になることが分かっています。
学習するためには脳のニューロンが結びつきを作る必要がありますが、運動することが刺激となって脳が学習するための準備を整えて、意欲が生まれて能力が高まるということです。

心と身体の結びつき

心と身体の結びつき

脳は筋肉と同じで使えば育ち使わなければ萎縮してしまいます。(ルーの法則)
脳のニューロン(神経細胞)は「樹状突起」や「軸索」を使って結びついています。
運動をすることで、樹状突起や軸索が成長して結びつきが強化されて脳の機能が強化されていきます。
また、筋肉を動かことで特定のタンパク質が作り出され、それが血流によって脳に運ばれて思考をする際に重要な役割りを果たすこともわかってきています。

不眠が及ぼす影響4

不眠が及ぼす影響4

うつ病の方の多くが不眠を訴えているといわれています。不眠とうつの間には強い関係性があるようです。最近では不眠症状はうつ病の危険因子だと考えられ始めています。不眠になることで、うつ病の発症リスクが数倍にもなるのです。ただし、不眠症状があっても不眠をキチンと治療した人はうつ病を予防することができるようです。不眠症状のある人はうつ病予防の観点から考えて、一刻も早く治療した方が良いということです。

イライラしやすい人の体をいたわる習慣2

イライラしやすい人の体をいたわる習慣2

脳に必要な栄養素ブドウ糖(グルコース)が不足すると脳の活動が低下して、疲れを感じる、疲れが抜けない、集中力が低下する、イライラするなど様々な不調を感じてしまいます。ですから、朝食を食べないと午前中体がだるく、イライラして失敗が増えてしまう何てことに・・。まずは朝食はしっかりと摂るようにしましょう。また、日中イライラした時にオススメなのがおせんべいです。

集中力が続かない人の体をいたわる習慣

集中力が続かない人の体をいたわる習慣

注意力、集中力という命を守る力を回復させ、最高の状態を保つためには昼寝が必要なのです。ですから、人間が昼間眠たくなるのは実は当然のことで、やる気がなかったり、たるんでいるわけではないのです。実を言うと夜の睡眠時間を少し削っても昼寝をしたほうが注意力、集中力を保つためには有効だと言われています。NASAの報告では、昼寝をすることでパフォーマンスが34%、注意力が54%向上したということです。

体性感覚と思考とストレス の関係

体性感覚と思考とストレス の関係

脳は皮膚、筋肉など外部からの刺激情報を体性感覚野という場所で受け取ります。受け取った情報によって、体性感覚野は必要な刺激を脳の各部に送ります。つまり、外部からの刺激をしっかり受け取ることで脳への刺激が増え活性化されるということです。体性感覚野は外部からの刺激を受け、必要な反射、言動を引き出すために体性感覚野から脳の他の部位へと信号が送られるのです。つまり、外部からの刺激を丁寧に感じ取る力が向上することで、より脳が活性化して、運動、思考など他の機能も高まっていくということなのです。

体を癒してストレスを緩和しよう

体を癒してストレスを緩和しよう

心の状態と体の状態は互いに影響を与えあっています。ですから、仕事や人間関係でストレスが溜まってネガティブな感情に支配されてしまっている時でも、温泉へ行ってゆったりと湯船につかったり、エステやマッサージで体の張りや疲れが取れたり、美味しいものを食べても気分は改善されます。追い詰められて精神的に一杯になってしまった時こそ、体をケアし、癒してあげることで心の状態を回復してあげることを意識しましょう。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告