ストレス

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

笑顔でキャンプ
ブログ

幸せを増やす講座55

作り笑いでも同じように身体が活性化され、ナチュラルキラー細胞の働きが活発になることがわかっています。心と体は繋がっていますから、笑っていると楽しくなります。 最初は作り笑いでも積極的に笑うことで、本当に楽しくなってくるのです。毎日笑って過ごせれば、楽しい感覚も強くなって、毎日ワクワク、ドキドキ・・高いモチベーションを保って過ごせるようになるでしょう。

ご飯を食べる
ブログ

食べ物で心をケアする講座46

ストレスと食の間には深い関係が存在します。お腹が減ってイライラして誰かに当たってしまった経験をお持ちではありませんか?反対にお腹がいっぱいになってリラックスして眠たくなってしまった経験はありませんか?実を言うと「噛む」ことも副交感神経を刺激するため、ストレスを緩和して心と体をリラックスさせてくれます。ですから、ストレスがたまったと感じたら、食事を「よく噛む」ことを意識しましょう。ただ、普段あまり食事を噛まずに飲み込んでいる人はよく噛むことに慣れるまでイライラしてしまうかもしれません。

変化・希望
ブログ

幸せを増やす講座21

心の状態は自律神経などの神経系や、脳内物質やホルモンなどの分泌系の状態によって大きく左右されます。強いストレスを長期間感じ続けると副腎という器官が疲弊してやる気やガッツが出なくなったりしているのです。回復力が強ければ副腎の疲弊がいち早く回復しやる気やガッツが出るということです。ですから、ある意味「心の状態=体の状態」ともいえるのです。

レモン
幸せ+のコツ

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー2

ビタミンCは皮膚や粘膜の健康維持を助ける上、強力な抗酸化作用を持っています。
肌にハリを与え、シミを予防し、骨を丈夫にしてくれます。さらに免疫力を高めストレスへの抵抗力を高もめめてくれます。
ビタミンCは水溶性なので摂りすぎても排泄されてしまうので過剰症の心配もありません。ビタミンCは皮膚や血管の老化を防いで免疫力を高めてくれます。
コラーゲンの合成にも必要です。

ストレス・不眠の男性
幸せ+のコツ

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー1

パントテン酸はビタミンB群のひとつで、エネルギーの代謝を助ける働きがあります。
そのほか、抗ストレス効果や、動脈硬化を予防する効果があり、全身の細胞で健康維持のために働く大切な栄養素です。パントテン酸は様々な食品に含まれていますし、腸内細菌の働きによって体内でも合成することができます。
水に溶けやすく、熱・酸・アルカリに弱いため、調理や加工によって損失しやすいのが特徴です。
またカフェインやアルコールの摂取により、パントテン酸を消費されてしまいます。

お茶・緑茶
幸せ+のコツ

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素

緑茶には脳の健康を増進するたくさんの成分が含まれています。代表的なのがポリフェノール、カテキンなどの強力な抗酸化物質です。癌を抑制し老化を遅らせてくれます。
さらに血栓の形成を抑える働きもあります。抗酸化物質は細胞にダメージを与える余分な活性酸素を消去してくれます。
活性酸素が過剰になると、脳の神経細胞がダメージを受けるので神経ネットワークに蓄えられていた記憶が失われてしまいます。

ロディオラ
幸せ+のコツ

ストレスに強くなる生薬2

ロディオラの主成分はロザビン、サリドロサイドという配糖体でコルチゾール、ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなどの気分を向上させる脳内物質のレベルを高めてくれます。
副腎の機能を増強し、集中力を高め、ストレスへの抵抗力を向上させ、気分を向上向上させてくれます。東シベリアに自生する植物でアダプトゲンとして長く利用されてきました。

サイト情報