ストレス

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

ご飯を食べる
ブログ

幸せを増やす講座121

ストレスと食の間には深い関係が存在します。お腹が減ってイライラして誰かに当たってしまった経験をお持ちではありませんか?反対にお腹がいっぱいになってリラックスして眠たくなってしまった経験はありませんか?実を言うと「噛む」ことも副交感神経を刺激するため、ストレスを緩和して心と体をリラックスさせてくれます。ですから、ストレスがたまったと感じたら、食事を「よく噛む」ことを意識しましょう。ただ、普段あまり食事を噛まずに飲み込んでいる人はよく噛むことに慣れるまでイライラしてしまうかもしれません。

ストレス
ブログ

幸せを増やす講座120

脳は皮膚、筋肉など外部からの刺激情報を体性感覚野という場所で受け取ります。受け取った情報によって、体性感覚野は必要な刺激を脳の各部に送ります。つまり、外部からの刺激をしっかり受け取ることで脳への刺激が増え活性化されるということです。体性感覚野は外部からの刺激を受け、必要な反射、言動を引き出すために体性感覚野から脳の他の部位へと信号が送られるのです。つまり、外部からの刺激を丁寧に感じ取る力が向上することで、より脳が活性化して、運動、思考など他の機能も高まっていくということなのです。

頬に手を触れる美肌の女性
ブログ

幸せを増やす講座116

笑うことで側坐核と腹側被蓋野が刺激され、「楽しいことを考える」ようになったり、やる気や能力がアップします。また、表情筋が動くことで電気信号が側坐核へと伝わりますので、顔を手のひらで覆って表情筋に合わせてクルクルと回すように手で表情筋を動かすことでも側坐核を興奮させ、気分を明るくしたり、やる気を出すことにつながります。筑波技術大学院 保健科学専攻名誉教授である森山朝正教授によると、年齢の数だけ手のひらをクルクル回す習慣をつけることで気分が改善しやすくなるそうです。

窓際に立つ女性
ブログ

幸せを増やす講座107

よく「悲しいときは笑ってみよう」と言いますが、心理学的にはとても良いことです。しかし、笑顔だけでなく人が嬉しい時、楽しい時に行う仕草や行動をとることで気分に影響を与えることができます。嬉しい時、楽しい時に行う仕草、行動は様々ですが、ストレスの溜まっている時にこうした仕草や行動をとることで気分が良くなってストレスが弱まり、気持ちを切り替えやすくなります。ただし、大切なことが一つだけあります。その言動そのものに意識を向けてください。

笑顔でキャンプ
ブログ

幸せを増やす講座55

作り笑いでも同じように身体が活性化され、ナチュラルキラー細胞の働きが活発になることがわかっています。心と体は繋がっていますから、笑っていると楽しくなります。 最初は作り笑いでも積極的に笑うことで、本当に楽しくなってくるのです。毎日笑って過ごせれば、楽しい感覚も強くなって、毎日ワクワク、ドキドキ・・高いモチベーションを保って過ごせるようになるでしょう。