ノンバーバル

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

おへそ
コミュニケーションレッスン

コミュニケーションで幸+する講座21

人はこの人と一緒にいたくないと感じると、ボディーランゲージを通してそのことを伝え始めます。相手に一緒にいたくないというボディーランゲージがどんなものかを理解して意識的に使いこなせれば、相手の気持ちをくみ取り、心地よいコミュニケーションができるようになるばかりか、ボディーランゲージをとおして意思表示を行うことで、自分がコミュニケーションの主導権を握るということもできるようになっていきます。

おへそ
コミュニケーションレッスン

コミュニケーションで幸+する講座19

初対面の相手におヘソの力を使えば、相手に気づかれないまま第一印象をとても魅力的な人だと感じてもらうことができます。おヘソの向きを相手に向けることで、相手のあなたへの親密度が格段にアップするのです。相手に会った時、おヘソの向きを合わるだけで、友好関係が育つスピードが圧倒的にはやくなるのです。 おヘソを向けない心のこもらないノンバーバルは冷たい態度をとっているのと同じなのです。 顔やスタイルなど生まれ持っての風貌以外でも、ファッション、表情、話し方、使う言葉の種類、そして上記のような何気ないノンバーバルからも、相手との信頼関係を大きく変えられるのです。

おへそ
コミュニケーションレッスン

コミュニケーションで幸+する講座18

おヘソの向きが興味の強さを示しています。ですから、見られたくないものを隠していると「それを隠さなくては・・」と考えることで、隠しているモノの方に知らず知らずおへそが向いています。子供に何か最近不審な行動がある時、パートナーの浮気が気がかりなときは、追いつめて口論するより、いくつかの簡単な質問をして、おヘソの方向がどこを向いているのかを確認しましょう。

おへそ
コミュニケーションレッスン

コミュニケーションで幸+する講座17

今日は、ボディーランゲージの意味についてお話しします。おヘソはとても重要なメッセンジャーです。おヘソの向きは興味の強さを示しているからです。 人の気分によっておへその向きは変化するのです。例えば「これまでこちらを向いていたおへそが、急に出口に向く」のは、早く会話を終わらせ、この場を立ち去りたいという意思のあらわれです。おヘソの向きに注意していると、相手の意志や興味を見つけやすくなるので、ぜひ観察してみてくださいね。

示す女性
コミュニケーションレッスン

コミュニケーションで幸+する講座16

仕草の意味を理解し、それを読み取ったり、セルフプレゼンテーションのために利用することは、人間関係をより良好なものにするためにとても役に立ちます。しかし、仕草を理解するために注意しておかなければならない注意点がありますのでご紹介します。

基準・スタンダード
コミュニケーションレッスン

コミュニケーションで幸+する講座15

繰り返し接する相手のノンバーバルの基準を理解するには、その人の普段を良く観察する必要があります。いつもの状態を把握、理解しておくことで、いつもと違う状態を見分け気付けるようになるのです。大切なことは「~したから、~だ」と決めつけないことです。普段からのその人の状態を知ったうえで、その基準からはみ出したノンバーバルを見つけて判断していきましょう。

戦う侍
コミュニケーションレッスン

コミュニケーションで幸+する講座14

命を守る3つの反応を知って幸せ+③(ファイト)・・生き残るための3つの反応は次のような優先順位で選択されます。 1:固まる ⇒ 2:逃げる ⇒ 3:戦う そして、そのことを頭に置いて反応を観察すると、考えていること、感じていること、しようとしていることを理解する手掛かりとなるノンバーバルを見つけることができるようになります。今日は戦う(ファイト)についてご説明します。

逃げる
コミュニケーションレッスン

コミュニケーションで幸+する講座12

命を守る3つの反応を知って幸せ+②(フライト)・・生き残るための3つの反応は次のような優先順位で選択されます。 1:固まる ⇒ 2:逃げる ⇒ 3:戦う そして、そのことを頭に置いて反応を観察すると、考えていること、感じていること、しようとしていることを理解する手掛かりとなるノンバーバルを見つけることができるようになります。今日は逃げる反応(フライト)についてご説明します。

サイト情報