体のケア

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

ベッド
ブログ

睡眠の質を改善する講座(4)

睡眠の深さは浅い睡眠と深い睡眠の2種類に分かれます。そして、浅い睡眠の時の睡眠レベル(睡眠の深さ)をさらに2つに分けて睡眠レベル1と睡眠レベル2、深い睡眠の時の睡眠レベルもさらに2つに分けて、睡眠レベル3と睡眠レベル4、計4つのレベルに分けて考えます。入眠すると睡眠レベルは1から次第に深くなって、睡眠レベル4まで行くと今度は徐々に浅くなって睡眠レベル2まで戻ります。ここまでの眠りのサイクルをノンレム睡眠と言います。

睡眠中の女性
ブログ

睡眠の質を改善する講座(1)

ねむりには、浅いねむりのレム睡眠と、深いねむりのノンレム睡眠があります。さらにノンレム睡眠は深さによって1~4段階に分かれるのですが、この中の3~4段階の眠りが“徐派睡眠”と言われ、もっとも重視されています。“徐派睡眠”がしっかり取れると成長ホルモンの分泌が活発化し、美肌を生み出すことができるからです。ところが近年は不規則な生活やストレスから体内時計が狂って、この“徐派睡眠”がうまくとれない人が増えています。

疲れ
ブログ

幸せを増やす講座28

疲れの取れやすい体(回復力のある体)とは「血行の良い体」です。血行が良く、老廃物を早く排出できる体、つまり疲れの取れやすい体にするためには、生活の中で気をつけるべきポイントがいくつかあります。基礎代謝をアップさせ、血流量をアップさせるためには、歩くことや下半身を使うスポーツが大切です。運動不足になると体が冷えやすくなり、血流量が低下して疲れの取れにくい体になってしまいますので気をつけましょう。

元気
ブログ

体のケアで幸+する講座14

睡眠の質を向上することは疲労回復のカギとなります。眠っている間に成長ホルモンなどが出たり、傷ついた細胞が修復されたり、ガン細胞などが体外に排出されたりなど体全体を整えられているのです。不眠には交感神経過剰型と副交感神経過剰型の2つのパターンが存在します。自分がどちらのタイプかを理解して、タイプにあった対処をすることが大切です。

頬杖をして悩む女性
ブログ

体のケアで幸+する講座12

ツボを押して憂鬱・ストレスの簡単ケア(完骨)・・頭部の血流を改善し、セロトニン(感情を安定させる脳内物質)の分泌を安定させます。セロトニンはリズムホルモンとも呼ばれ、一定のリズムを感じると放出されやすくなります。完骨を刺激することで頭部の血流を改善し、心を安定させ、活力を回復させましょう。

新緑に刺す朝日・光
ブログ

体のケアで幸+する講座9

「副交換神経型の人の疲れの取り方」 副交換神経型の人の疲れは、「交感神経を使う機会が少なく、体の機能が低下している」のが原因です。 ですから、よく言われている「栄養のあるものを食べて、ゆっくり休む」というやり方をすると余計に疲れがひどくなります。

サイト情報