心と体の関係

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

幸せ+のコツ

自律神経と心と体の関係

自律神経と心の関係を知って幸せ+・・自立神経の働きと心の状態には強い相互関係があります。自律神経の働きの乱れからくるトラブルは、大きく分けて3つのタイプがあります。「交感神経過剰タイプ」「交感神経・副交感神経切り替え不全タイプ」「交感神経・副交感神経疲労タイプ」です。

節約
ケアルーム

幸せを増やす講座2

幸せ力向上のためにエネルギーの使い道について考えよう2・・事からエネルギーや微量栄養素(体の調整物質)を取だし、必要があれば加工して利用しています。それにより、考えたり、活動したり、体を修復したりしています。食事→化学反応→利用/調整の一連の機能が低下すると、その時必要な場所に必要なエネルギーや栄養素を補給できなくなり、心身の機能低下を引き起こしてしまいます。

節約
ケアルーム

幸せを増やす講座

幸せ力向上のためにエネルギーの使い道について考えよう!! 生き物は食べ物を食べて、食べ物を消化/吸収して、それをエネルギーに変え、そのエネルギーを使いながら生きています。 食べ物から取りだしたエネルギーを何に使っているか意識したことはありますか?

向上・アップ・右上がり
幸せ+のコツ

体の機能と心の関係を考える講座

情報伝達は神経細胞にあるシナプス間を伝達物質が移動すること神経の刺激として伝わります。脳をたくさん使うと神経ネットワークが増加して機能が高まり、その機能は持続します。普段行わないような複雑な動きを行うことで脳のネットワークを増やしていきましょう。今日は手の動きと思考をミックスして行います。

ノビをする女性
幸せ+のコツ

心と体の深い関係

意志の強さは「性格」の問題ではなく、「性格」+「体」の問題なのです。体の状態が悪く、機能不全を起こしているとやる気が起きないのです。 また、疲れがたまりやすく、いつも倦怠感に悩んでいる人と体の回復力が早くていつも体が軽い人では当然「やる気」も変わってくるのです。

心が空腹
幸せ+のコツ

快適に過ごしていますか?

お腹が減っているとイライラしますよね。
些細なことで腹が立って、誰かに当たってしまった経験がある人も少なくないのではないでしょうか?お腹が減っていれば誰でも機嫌が悪くなるものなのです。
ちなみに「心の食事」は「快適さ」です。
「快適さ」とは喜しい、嬉しい、気持ちいいといった感情や感覚です。心が食事を食べていない時も、やっぱりイライラして誰かに八つ当たりしたくなってしまいます。

サプリメント
幸せ+のコツ

脳の疲れを取るアダプトゲンやアミノ酸以外の栄養素2ー3

コエンザイムQ10はエネルギーをつくるために必要な補酵素です。
強い抗酸化作用も併せ持っているので生活習慣病や老化の予防にも役立ちます。コエンザイムQ10は細胞の中にあるミトコンドリア(エネルギー生産工場)で活動に必要なエネルギーの大部分をつくり出しています。
コエンザイムQ10の1日摂取目安量は60~100mgとされています。コエンザイムQ10は、ウシ、トリ、ニシン、サケ、レバー、酵母、ダイズ、ナタネ油、動物の内臓に多く含まれます。塩辛やモツ煮込みには多く含まれています。

走る少年
幸せ+のコツ

身体能力と脳の関係を見直そう

100万人以上の生徒を調査で学力検査の点数とフィットネスグラムの得点が相関があったのです。
健康な子供の学力検査の点数は健康に問題を抱えている子供の2倍も高くなりました。反対に考えれば、子供の健康を増進させることで、子供はより良い成績が取れるようになるということです。
たくさんの調査結果が運動が記憶力、集中力、学業態度に良い影響与えると報告しています。

幸せ+のコツ

運動が学習効果を高めてくれる

アメリカのイリノイ州にあるネーパーヴィル・セントラル高校で行われた体育プログラムをご紹介させてください。

この高校では午前7時10分に体育の時間があります。
1時限目の前に行う体育の授業なので0時限体育と呼ばれています。授業の前に運動することで読解力や他の成績を上げる取り組みです。
最近に研究で運動することで脳のニューロンを結びつく作用が活発になることが分かっています。
学習するためには脳のニューロンが結びつきを作る必要がありますが、運動することが刺激となって脳が学習するための準備を整えて、意欲が生まれて能力が高まるということです。

サイト情報