心と体の関係

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

変化・希望
ブログ

幸せを増やす講座21

心の状態は自律神経などの神経系や、脳内物質やホルモンなどの分泌系の状態によって大きく左右されます。強いストレスを長期間感じ続けると副腎という器官が疲弊してやる気やガッツが出なくなったりしているのです。回復力が強ければ副腎の疲弊がいち早く回復しやる気やガッツが出るということです。ですから、ある意味「心の状態=体の状態」ともいえるのです。

胸の奥に秘めた想い
ブログ

食べ物で心をケアする講座15

幸福感や睡眠に関係するのがセロトニンです。セロトニンの働きは多岐にわたり、血圧、消化、体温、痛みの感覚など、多くの身体的な機能もコントロールしています。さらに睡眠と覚醒にも大きな影響を及ぼします。セロトニンの血中濃度が十分なら、幸福を感じ、感情的にも社会的にも安定します。十分なセロトニンを生産するためにはその材料となるトリプトファンを十分に摂取する必要があります。

元気
ブログ

体のケアで幸+する講座14

睡眠の質を向上することは疲労回復のカギとなります。眠っている間に成長ホルモンなどが出たり、傷ついた細胞が修復されたり、ガン細胞などが体外に排出されたりなど体全体を整えられているのです。不眠には交感神経過剰型と副交感神経過剰型の2つのパターンが存在します。自分がどちらのタイプかを理解して、タイプにあった対処をすることが大切です。

強化
ブログ

幸せを増やす講座20

「人の体は使った体が強くなる!!」この言葉を聞いてどう思われますか?筋肉や持久力については「そうだよ。当たり前だよ」と思われる方が多いと思います。では、「心も使った部分が強くなる」という言葉はどうでしょうか?こう表現すると、「体と心は違うだろう!!」と思われる人も多いのではないかと思います。

ブログ

食べ物で心をケアする講座14

脳の過剰な興奮を抑え、リラックスを促進してくれる代表的な物質にギャバ(γ-アミノ酪酸)があります。脳が適度に興奮すると、快感を味わえますが、興奮しすぎると緊張し、落ち着きがなくなり、不安になり、ストレスを感じ眠れなくなってしまいます。そうならないように、脳の興奮を抑制するギャバがブレーキをかけてくれます。脳内のギャバレベルが適切だと、穏やかな心でいられますが、低下すると不安、緊張、不眠を感じてしまいます。

ビタミン・ミネラル
ブログ

食べ物で心をケアする講座13

ビタミンB6と亜鉛が脳と体から失われると感情が不安定になって不安になりやすくなってしまいます。ビタミンB6と亜鉛のレベルを適切に保つことは、心と体の健康を維持するためにとても重要なのです。ビタミンB6と亜鉛が不足すると心身が健康な人であっても感情が安定しなくなってしまうのです。生活習慣と栄養のバランスを考えて心も体も健康で元気な毎日を過ごしてください。

不安定
ブログ

食べ物で心をケアする講座12

脳内物質には、ノルアドレナリンやドーパミンなど、脳を興奮させるアクセルになっているものと、ギャバ、グリシン、タウリンなど脳の興奮を抑えるブレーキとして働いているものがあります。興奮性の脳内物質が過剰になると「いきすぎた不安」を感じるようになってしまいます。生活習慣や食生活を見直して抑制性の伝達物質を増やして穏やかな毎日を取り戻しましょう。

幸せ+のコツ

自律神経と心と体の関係

自律神経と心の関係を知って幸せ+・・自立神経の働きと心の状態には強い相互関係があります。自律神経の働きの乱れからくるトラブルは、大きく分けて3つのタイプがあります。「交感神経過剰タイプ」「交感神経・副交感神経切り替え不全タイプ」「交感神経・副交感神経疲労タイプ」です。

節約
ケアルーム

幸せを増やす講座2

幸せ力向上のためにエネルギーの使い道について考えよう2・・事からエネルギーや微量栄養素(体の調整物質)を取だし、必要があれば加工して利用しています。それにより、考えたり、活動したり、体を修復したりしています。食事→化学反応→利用/調整の一連の機能が低下すると、その時必要な場所に必要なエネルギーや栄養素を補給できなくなり、心身の機能低下を引き起こしてしまいます。

節約
ケアルーム

幸せを増やす講座

幸せ力向上のためにエネルギーの使い道について考えよう!! 生き物は食べ物を食べて、食べ物を消化/吸収して、それをエネルギーに変え、そのエネルギーを使いながら生きています。 食べ物から取りだしたエネルギーを何に使っているか意識したことはありますか?

サイト情報