心理雑学

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

アナログ時計
ブログ

幸せを増やす講座38

感情のコントロールが苦手な人の多くは感情の強度が変化する事を意識できない人が多いようです。感情変化のサイクルには、もちろん個人差がありますが、最高強度を保てるのは大体15分程度だと言われています。つまり、15分間は気持ちを切り替えることは難しいのですが、タイミングよく気分転換を行うことで上手に切り替えれるようになるということです。

プライド
ブログ

幸せを増やす講座37

自分を過大評価することを「うぬぼれでみっともない」と感じる人がいます。しかし、過大評価の程度が適正である場合は「やる気」や「向上心」を生み出しますから、多少の過大評価は必要です。過大評価の程度が問題だと考えて良いでしょう。

考え込む
ブログ

幸せを増やす講座36

悩むことも含めてネガティブな感情は必要です。ネガティブな感情を適度に持つことは、そのネガティブな感情から抜け出すための工夫や想像力を生み成長につながるからです。「悩むこと」は成長につながるのですが、「悩み過ぎること」は疲労と活動の停滞を生んでしまうということです。つまり、「悩む量を減らす=活動量を増やす」ということにもなるのです。

ヨガ教室
ブログ

幸せを増やす講座35

よく「バランスの良い食事」を摂りましょうといわれます。実を言うと心も同じです。しかし、不快の感情の中でも、「怒り」「妬み」「恨み」といった「不快な感情を感じてはいけないんだ」と考えている人が少なくないようです。こうした感情を持っていることに気づくと自分を責めてしまうのです。しかし、食事と同じで人間が感じている感情の中で不必要なものはありません。バランスよく感情を感じて健康で希望に満ちた心の状態を保っていきましょう。

有刺鉄線とフェンス
ブログ

幸せを増やす講座33

認知療法でいうルールは自分がより良く(充実して、幸せに)生きるために過去の経験や知識から定着した言動についての決まりです。「どうしても解決できず問題が維持/増悪している」「どれだけ頑張っても空回りしている」「何をやってもうまく行かない」といった場合は、ある時期は役に立っていたルールが「環境の変化」「自分の変化」「時代の移り変わり」「人間関係の変化」etcなどによって「うまく働いていない」あるいは「自分をより苦しめる」方向に働いてしまっているかもしれません。

変化・希望
ブログ

幸せを増やす講座32

「性格を変えるのは難しい!!」と考える人は少なくないのではないでしょうか?「変わる」ということを「全く別のものになる」と考えるからではないでしょうか?しかし、「変わる」ということは「全く別のものになる」のではなく、「好きなことができる(選択できる)」自分になるということなのです。誰にでも2人の自分がいるのです。自分の好きな事(望んでいること)を選択して行動できる人は、チョットだけAの自分が強いだけなのです。

分岐点
ブログ

幸せを増やす講座31

「天職」と「実職」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?「天職:時間が経つことを忘れてしまうほど楽しいこと」「実職:生活の基盤になるもの」という考え方です。大切なのは、人生の中に天職と実職の両方を持ち、快と不快のバランスを取りながら人生を歩んでいけるということです。「仕事が面白くないな・・」「人生がつまらないな」と感じている人は、自分の天職と実職について再点検してみることが役に立つかもしれません。

睡眠中の女性
ブログ

食べ物で心をケアする講座24

メラトニンはセロトニンから作られます。夜になると暗くなって脳内でメラトニンが放出されて眠くなります。体内時計をコントロールするのがメラトニンです。 メラトニンを不足なく分泌させるためには太陽の光を浴びることが大切です。太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ、セロトニンとメラトニンの生産リズムが正しく働くからです。

任せとけ・自信がある男性
ブログ

幸せを増やす講座27

「自分なんて大嫌い!もっと強くなりたい」そんな風に思う人も少なくないのではないでしょうか?しかし、結論からいうと、これは非常に困難なことです。なぜなら、自分を嫌いなままで強くなることはできないからです。強くなるために、結果を出そうと頑張っているという人もいるでしょう。しかし、強くなるために結果や条件と言った時間や環境に左右されるものだけに頼ると心は安定しないのです。

五感・脳神経イメージ
ブログ

幸せを増やす講座4

人の興味は情報/知識から生まれます・・なりたい自分が持っていそうな情報/知識 ⇒ なりたい自分が持ちそうな興味 ⇒ なりたい自分の行動/感情/思考 ⇒ なりたい自分になる ということです。

サイト情報