性格

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

ロールケーキ
ブログ

食べ物で心をケアする講座11

砂糖や精製されたデンプンを食べれば食べるほど乳酸レベルが上がります。乳酸レベルが上がると疲労を感じるだけでなく、不安を感じるようになります。砂糖、カフェイン、アルコールといった物質を多くとると乳酸が血液中に蓄積し、疲労と不安が発生します。「いきすぎた不安」が継続している方は、マグネシウム、カルシウム、ナイアシンを積極的に摂ってみましょう。

怒る女性
ブログ

幸せを増やす講座17

エンパワーエモーションを味方につける・・いわゆる悪い感情と言われるものも、人間が生き残るために必要な行動をとるようになるために必要不可欠の感情(パワー・エモーション:人に力を与える感情)です。 今回はその利用法について解説したいと思います。

喜怒哀楽
ブログ

幸せを増やす講座15

頑張ることや努力する事はとても大切なことですが、それ以上に心地よさや充実感を感じるために時間を取ることも大切なのです。 ネガティブな感情を抱いている時はエネルギー消費や体への負担が通常でも4倍以上かかりますし、それを繰り返していると、エネルギー消費や体への負担が5倍、10倍とドンドン大きくなっていってしまいます。

ロールケーキ
ブログ

食べ物で心をケアする講座5

脳の燃料ブドウ糖・・人はブドウ糖を使って笑い、泣き、歩き、走るのです。ブドウ糖がホンの数分脳からなくなれば考えることも、感じることもできなくなってしまうでしょう。 ですから、ブドウ糖を体(特に脳)に行きわたらせる必要があるのです。

喜怒哀楽
ブログ

幸せを増やす講座8

性格の遺伝的な要素はとても少なく、経験や習慣の繰り返しから定着するものがほとんどなのです。 ある考え方を支える脳の細胞ネットワークや感情を感じるシステムがトレーニングされ、繰り返し使った考え方や感情の感じ方が強くなっていきますので、人は体と同じように、思考パターン、感情を感じる強さ、行動パターンといった性格的な要素も使えば使うほどトレーニングすることになり強くなっていくのです。

ジグソーパズルのピース
ブログ

幸せを増やす講座6

どんな両親から生まれ、どんな国や地域に生まれたか、特別な才能を持っているか・・などは自分を決定づける大きな要素です。 そして、物事がうまくいかない時、辛い時、苦しい時は、特に運を重要視してしまいがちです。 しかし、そのような状況にある時こそ、運以外の要素についても考え見つめなおして欲しいものです。

サイト情報