食べ物

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

健康的な食事
ブログ

食べ物で心をケアする講座4

心は脳という臓器の働きで生まれます。 心は脳で作られた電気信号が神経回路を通って体バーツを動かして、その感覚を脳にフィードバックすることで感じことができます。(苦しい時は胸を締め付けその感覚を脳にフィードバックします)つまり心の不調は脳の働きの不調とも言えるのです。

ハンバーガーセット
ブログ

食べ物で心をケアする講座3

不安と食べ物の関係を知って幸せ+・・・不安には、「通常の不安(普通の生活ができる)」「行き過ぎた不安(日常生活での問題を引き起こす)」があります。行き過ぎた不安の原因として、ジャンクフードや甘いものの食べ過ぎによる低血糖が考えられます。

果物とスムージー
ブログ

食べ物で心をケアする講座

不安と栄養素の関係を知って幸せ+・・・不安には、「通常の不安(普通の生活ができる)」「行き過ぎた不安(日常生活での問題を引き起こす)」があります。行き過ぎた不安の原因として、ピロルリア、低血糖、栄養素の不足、乳酸レベルの上昇、興奮性伝達物質の過剰などが考えられます。

幸せ+のコツ

ミネラルは心と体の助っ人

ミネラルが不足すると様々な症状がでます。その症状には身体的なものも多いのですが、感情にも大きな症状としての変化が起こります。落ち込みやすい、イライラしやすい、集中力がない、何かにこだわってしまう・・・など  心の問題が起きた時、食事を見直しミネラルの不足を補うことで、心を穏やかにすることができることも多いのです。

食べ物と心と体
幸せ+のコツ

心と身体の原材料

腕の良い大工が良い材料を使うことで素晴らしい家が建てられるように、体調が良い(しっかりケアされている)体で、良い食べ物を食べることで、心身の状態を良好に保つことができるのです。ネガティブな気分に傾いたとき、何をやってもうまくいかないときほど、体を十分にケアして体調を調え、積極的に体に良い食べ物を食べるようにしてください。

コーヒー
幸せ+のコツ

睡眠の質を向上させて幸せ+6

起きていなくてはならないのに眠気に襲われてしまった時、コーヒーやお茶などのカフェインを含んだ飲み物を飲む方は多いのではないでしょうか?

カフェインが効果を発揮する時間は年齢と肝機能の高さで変わるので、若い人で30分~2 時間程度、 高齢者で4 ~5時間程度になります。気をつけてほしいことは同じコーヒーでも豆の産地や種類、お湯の温度、抽出時間、抽出量でカフェインの量に大きな差があるということです。

酵素を多く含む野菜
幸せ+のコツ

酵素を活用して幸せ+

酵素には大きく分けて「消化酵素」と「代謝酵素」があります。
消化酵素は食べ物を消化する時に使われ、代謝酵素は栄養素をエネルギーに変換する時、皮膚の新陳代謝、免疫力の強化、血液の循環などの体の様々な働きを助けています。
人はこれらの酵素の働きがなくては健康を維持できません。酵素の生産量は加齢により減少していきます。
酵素の生産量は20歳をピークにして40代と70代で急激に減少するといわれています。

サイト情報