「 幸せ力 」一覧

自律神経を調える

自律神経を調える

運動不足になると全身の血行が悪くなり、自律神経のバランスをを崩しがちです。ウォーキングやストレッチなどの運動習慣を取り入れましょう。どうしても運動したくない人はEMS(筋肉を鍛える電流)を使って、テレビをみながらなどの「ながら運動」をしてみましょう。

過剰な不安の原因と対処4

過剰な不安の原因と対処4

今回は過剰な不安の原因2の「興奮性伝達物質の過剰」について考えてみましょう。興奮物質が過剰になる原因は、生活環境やストレスや食事習慣などが関係しています。まずは生活習慣の改善や食習慣の改善からはじめましょう。

過剰な不安の原因と対処3

過剰な不安の原因と対処3

精製された砂糖やデンプンをたくさん食べると血中の乳酸レベルがが上昇します。(ブドウ糖が代謝されて最終的に乳酸が生成されます)乳酸レベルの上昇は疲労感や不安感を強くします。乳酸が増えるとカルシウムが不足して不安感を強く感じるようになってしまいます。

ストレス解消法を見直そう

ストレス解消法を見直そう

自分がストレス解消のつもりでやっていることが、自分の意思とは裏腹にストレスを増やしてしていることは珍しくありません。毎日忙しくてリラックスする時間がない生活をしている人は、交感神経過剰型の疲れなのに寝る前や休日にゲームをしていると、さらに交感神経を使うことになるのでドンドン疲れが溜まってしまいます。

過剰な不安の原因と対処2

過剰な不安の原因と対処2

不安や不安定な感情を発生させる原因として代表的な食品は精製された砂糖やデンプンがたっぷりの食品です。
ファーストフードなどのいわゆるジャンクフードには、これらの食品がたっぷり使われています。ビタミン、ミネラル、ファイバーなどが著しく不足している上、白砂糖や精製されたデンプンが大量に含まれているので血糖値を急激に上昇させてしまいます。

疲れタイプ分類テスト

疲れタイプ分類テスト

疲れのタイプには「交感神経型疲労タイプ」と「副交感神経型疲労タイプ」「自律神経スイッチング不良タイプ」の3つがあります。Aが多かった人は「交感神経型疲労タイプ」、Bが多かった人は「副交感神経型疲労タイプ」です。AとBの数にあまり差がなく体調が悪い人は、「自律神経スイッチング不良タイプ」です。

スポンサーリンク
アドセンス広告
アドセンス広告