幸せ力

心のための習い事からのお知らせや習い事、心と体のセルフケアの記事のご紹介
より健康で幸せになるために役立つヒントをお伝えしています!!

ご飯を食べる
ブログ

幸せを増やす講座121

ストレスと食の間には深い関係が存在します。お腹が減ってイライラして誰かに当たってしまった経験をお持ちではありませんか?反対にお腹がいっぱいになってリラックスして眠たくなってしまった経験はありませんか?実を言うと「噛む」ことも副交感神経を刺激するため、ストレスを緩和して心と体をリラックスさせてくれます。ですから、ストレスがたまったと感じたら、食事を「よく噛む」ことを意識しましょう。ただ、普段あまり食事を噛まずに飲み込んでいる人はよく噛むことに慣れるまでイライラしてしまうかもしれません。

ストレス
ブログ

幸せを増やす講座120

脳は皮膚、筋肉など外部からの刺激情報を体性感覚野という場所で受け取ります。受け取った情報によって、体性感覚野は必要な刺激を脳の各部に送ります。つまり、外部からの刺激をしっかり受け取ることで脳への刺激が増え活性化されるということです。体性感覚野は外部からの刺激を受け、必要な反射、言動を引き出すために体性感覚野から脳の他の部位へと信号が送られるのです。つまり、外部からの刺激を丁寧に感じ取る力が向上することで、より脳が活性化して、運動、思考など他の機能も高まっていくということなのです。

示す女性
ブログ

幸せを増やす講座119

高いモチベーションを維持したかったら、できるだけ、物事、出来事、人物などの「良い側面」を見つけることが上手い人たちと一緒に過ごすように心がけましょう。そういう人たちと過ごすことで、いつの間にか物事、出来事、人物などの「良い側面」を見つけることが上手になっていきます。 一生の時間は限られています。限られた時間をどんな人と多く過ごすかによって、物事、出来事、人物などの捉え方、感じ方が変わってくるのです。できるだけ多くの時間を「こんな人になりたい」という人と一緒に過ごすように心がけましょう。

指が光る男性
ブログ

幸せを増やす講座117

何をするにしても高いモチベーションを持って取り組むことで良い結果を得やすくなります。何をやっても続かない、やる気にムラがあるという人は自分にご褒美をあげるようにしましょう。モチベーションの高さを引き出すのは精神力の強さだけではありません。
脳のドーパミン回路がよく働くようになると自然と高いモチベーションを維持しやすくなります。脳の中でドーパミンという意欲やモチベーションを引き出してくれるドーパミンの分泌が促進されてドーパミン回路がよく働くようになるからです。

頬に手を触れる美肌の女性
ブログ

幸せを増やす講座116

笑うことで側坐核と腹側被蓋野が刺激され、「楽しいことを考える」ようになったり、やる気や能力がアップします。また、表情筋が動くことで電気信号が側坐核へと伝わりますので、顔を手のひらで覆って表情筋に合わせてクルクルと回すように手で表情筋を動かすことでも側坐核を興奮させ、気分を明るくしたり、やる気を出すことにつながります。筑波技術大学院 保健科学専攻名誉教授である森山朝正教授によると、年齢の数だけ手のひらをクルクル回す習慣をつけることで気分が改善しやすくなるそうです。

いいね・GOOD
コミュニケーションレッスン

幸せを増やす講座115

毎日高いモチベーションを維持するためには、毎日気分良く、楽しく暮らすことが大切です。人の長所や出来ていることを探すトレーニングをしましょう。他者からしてもらったことに感謝の言葉を伝えましょう。出来なかったことではなく、出来たことを見つけて褒めて当てましょう。そして一緒に喜びましょう。もちろん、手紙やメールにしても良いでしょう。そしてできる限りポジティブな表現を使うようにしましょう。

脳のイメージ
コミュニケーションレッスン

幸せを増やす講座114

人の記憶 警察の取調室での自供についてもそのような危険性があるとして、現在では裁判の時、容疑者の自供をそのまま信用することの危険性について慎重に議論さ...

天秤
コミュニケーションレッスン

幸せを増やす講座113

褒め上手になろう4 褒め言葉を探して精一杯相手を褒めてみたのに、相手が嫌な顔をしたり(嫌味に聞こえてしまう)、相手がバカにされたと感じて気分を害してし...

自信・空を指す指
ブログ

幸せを増やす講座112

今日1日が終わった時、心の中に満足や達成感が残るように、今日1日で達成できる目標を創ってあげましょう。できるだけ具体的で、実行可能な目標を立てて、必ず実行するように心がけましょう。「なりたい自分につながる実行可能な小さな目標」を作りましょう。達成できる、なりたい自分につながる目標を毎日創って、夜寝る前にそれを達成できた自分をたくさん褒めてあげてください。

サイト情報